今日は韓国の鉄道についてです。
韓国には日本同様に高速鉄道が整備されておりKTXと呼ばれています。KTXはTGV方式を導入しており、TGVとそっくりな外見をしています。
KTXは全区間が専用軌道なわけでなく、至るところで在来線に乗り入れています。韓国は在来線が標準軌のためそれが可能なわけです。現在はソウル〜釜山間で2時間40分で結んでいます。これが大邱(テグ)から慶州にかけての専用線が完成すると更に30分短縮される予定です。
KTXの内装はフランスのアルストム社のライセンス供与の関係上、座席が固定シートで回転できないこと(常に半分の席が進行方向と逆向き)や既存の在来線特急よりシートピッチが狭く快適性に欠けます。
ちなみに車両構造は連接車で20両編成です。
KTX_001KTX_002






KTX_003KTX_004