クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

EF65

EF60-19+DD51-842+旧客6両が尾久公開に伴い配給される3

11月13日、14日に行われる第9回「みんな集まれ!尾久ふれあい鉄道フェスティバル」に伴って、イベントでの展示車両になると思われるEF60-19+DD51-842+旧型客車6両が高崎から尾久まで配給
されました。

旧型客車6両ということでかねてから撮影したいと思っていたのですが、当日は時折雨のぱらつく曇り。しかも雲も厚く露出は最悪と言ってよいほどでした。やる気もなくして遠くに行く気が起らず、大宮〜宮原へ。

撮影地に到着すると、頭上に新しいケーブルが出現しており、以前のベストアングルは撮影不能。結局微妙な位置で撮影する羽目になったうえ、架線柱切り替え工事中で100%後ろのパンタが串ってしまうという状態でした。

211系。下の障害物のせいでシャッター切るタイミングも際どいです…(撮影地:高崎線大宮〜宮原間)
211_011

EF65-1065牽引の貨物列車。数少なくなった三色更新機でした。ここまでISO400で切ってます。(撮影地:高崎線大宮〜宮原間)
EF65_075

ただでさえ暗いのに更に暗くなり、ISO800に。もう色も汚らしい上、シャッター切るタイミングも早まりかつピン甘、大大大撃沈です。撮影地選定から実際に撮るまですべてが失敗でした。編成が豪華だっただけに悔やまれます。(撮影地:高崎線大宮〜宮原間)
EF60_011

※2009年11月13日撮影

京成3050形3052編成甲種輸送3

10月22日〜23日にかけて、京成3050形3052編成の甲種輸送が豊川〜新鶴見〜逗子間で行われました。京成3050形は成田高速鉄道の開業に合わせて製造されている一般特急に使用される車両です。

EL区間。面に当たらず…(撮影地:東海道貨物線大船〜藤沢間)
EF65_074

DL区間。撮影地その他いろいろ失敗…(撮影地:東海道貨物線新鶴見〜鶴見間)
DE10_018

※2009年10月23日撮影

EF65の乗務員訓練を撮る4

8月中旬より、EF65の乗務員訓練が尾久〜黒磯間で時々実施されております。この訓練はEF65+24系6両で行われています。春先にかけてはEF81で、同様の乗務員訓練が行われていました。EF65が寝台車を牽く姿は「銀河」廃止以後消滅していますので、今となっては貴重な姿と言えると思います。

9月5日にはEF65-1118、ゲッパが充当されました。直前まで曇っていましたが、ギリギリ晴れてくれたお陰で良い写真が撮れました。流石にネタ釜の乗務員訓練とあって各撮影地は賑わっていました。16時20分過ぎの通過でしたが、既に結構日が傾いており秋を感じます。(撮影地:東北線東大宮〜蓮田間 回9502レ 2009.9.5)
EF65_072








お盆の頃にも一回青のPFが牽いた時に撮影しました。結局記事にしていなかったので、まとめて掲載。このときは17時過ぎに通過と9月5日に比べて1時間ほど遅いダイヤでした。(撮影地:東北線東大宮〜蓮田間 回9502レ 2009.8.14)
EF65_071








※2009年8月14日、9月5日撮影

八王子工臨を撮影する4

8月20日、新小岩(操)から八王子までレール輸送が行われました。おそらく八王子工臨と思われます。

被りそうになって、切り位置を若干奥にしました。手前に柵が写っているなど、ケチはいくらでも付きますが、とりあえず順光で積載チキが撮れて良かったです。(撮影地:武蔵野線新秋津〜東所沢間)
EF65_070








レールがよくわかるようにもう一枚。
tiki_001








※2009年8月20日撮影

西武新2000系2077F東急入場甲種輸送3

7月31日、所沢〜新秋津〜新座タ〜新鶴見〜逗子間で、西武新2000系2077Fが東急車輌に入場するため、甲種輸送が行われました。これに先立ち30日深夜には小手指〜所沢で←新秋津 E31+E34+2077Fの編成で所沢に送り込まれ、所沢6番線で甲種の編成は一夜を明かしました。所沢〜新秋津間はE31+E34、新秋津〜新座タ〜新鶴見はEF65-1065号機で三色更新機、新鶴見〜逗子間はDE10-1666号機が牽引しました。

30日の回送は所沢駅で撮ろうとしたのですが、被り+前だしで大大大大大撃沈で何も撮れず、31日の甲種も惨憺たる写真の数々。どうも今回の甲種は色々と駄目でした。

車が…(撮影地:西武池袋線新秋津〜所沢間)
E34+E31+2000N_004








沿線に出るやる気はなく、記録程度に一応。今回は新座タ経由でしたので、新秋津駅は2度通ったことになります。(撮影地:武蔵野線新秋津駅)
EF65_069








失敗作(ピン甘+構図ミス)で掲載するか迷いましたが、これも一応…(撮影地:西武池袋線元加治〜飯能間)
E34+E31_040








※2009年7月31日撮影

トラックバックを送信しています
セイブネットさん
Fujickeyの鉄道観察ルポ さん

自衛隊機材輸送3

6月28日、自衛隊機材輸送が稲沢発で行われました。編成はチキ7両、トラ6両でした。よく知りませんが、自衛隊の演習に伴うもののようです。

強い雨の中笠間で待つのは辛かったです。そうは言っても30人以上はいたと思います。(撮影地:東海道線戸塚〜大船間)
EF65_068








直前の貨物。このときはもっと雨が酷かったです。
EF210_015








※2009年6月29日撮影

今度は横須賀線へ 「レトロ横濱号」運転5

6月27日と28日の2日間、快速「レトロ横濱号」が横浜〜横須賀間で両日とも2往復ずつ運転されました。2週間前に東海道線で運転されましたが、今回は横須賀線での運転でした。経路は横浜〜戸塚間は東海道線で、戸塚から転線し戸塚〜横須賀は当然ながら横須賀線でした。編成は←横浜 EF65-501号機+旧客7両+EF64-1001号機 →横須賀で、プッシュプルで旧客フル編成を牽引するという豪華な列車となりました。

・27日分
今回の走行区間は撮影地が少なく満足な撮影をするのが難しく、順光や編成を入れるのが難しく、その上夏の日中は日が出た場合は写真として下回りが黒つぶれするなど厳しいので、送り込み回送を撮る神保原〜新町の撮影地にて場所取りを兼ねて一夜を明かして撮影を決行しました。現地は早朝だというのに100人以上集まる大混雑でした。皆考えることは一緒だったのでしょう。苦労した甲斐もあり素晴らしい光線状態での撮影。なお送り込み回送は高崎〜品川〜横須賀の経路で運転。(撮影地:高崎線神保原〜新町間)
retoro_001








一気に北鎌倉へ移動して、1号を撮影。人混みを避けて俯瞰。残念ながら編成入らず。(撮影地:横須賀線北鎌倉〜鎌倉間)
retoro_002













逗子近辺にて2号。かなり適当な撮影ですが、一応掲載。(撮影地:横須賀線逗子〜東逗子間)
retoro_006








横須賀のいわゆる"海軍バック"の場所で3号と4号を。薄曇りだったのが残念でしたが、横須賀線のハイライトともいえる場所で撮影できたので満足でした。(撮影地:横須賀線田浦〜横須賀間)
retoro_003








4号は縦アングルで。(撮影地:横須賀線田浦〜横須賀間)
retoro_004














・28日分
前日の疲れが抜けず結局最後の4号のみ撮影。大雨で最悪の撮影でした。しかもピン甘で大撃沈。(撮影地:横須賀線戸塚〜大船間)
retoro_005








※2009年6月28日・29日撮影

【流鉄】 流鉄譲渡車甲種輸送25

6月22日(月)に行われた流鉄甲種輸送の記事の続きです。この記事では新秋津から先をご紹介します。西武線内はこちらをご覧下さい。

甲種輸送からそれ程先行することができなかったので、駅撮りを選択。東川口駅を予定していたものの、人が沢山いて撮影できそうもなかったので、やむを得ず南越谷駅で。新秋津〜越谷タは三色更新機のEF65-1057号機が牽引。(撮影地:武蔵野線南越谷駅)
EF65_067








越谷タでDE10に付け替えるため、停車が40分ほどありました。その間に先行し、馬橋支線へ。武蔵野線から常磐線へ抜ける馬橋支線に甲種輸送が通ることはあまりないと思います。越谷タからは原色のDE10-1555号機が牽引。(撮影地:武蔵野線南流山〜馬橋、馬橋支線)
DE10_009








後撃ち。流鉄流山線の入口、馬橋はもうすぐです。
DE10_010









馬橋から先は流鉄線内に入り、車庫のある流山まで輸送されます。
馬橋へここから移動し、また沿線へ出ると時間に難があったのでそのまま近くの沿線で待機することにしました。流鉄線内は流鉄2000系「なのはな」が譲渡車両を牽引し、通常見ることの出来ない4両編成が見ることができました。(撮影地:流鉄流山線馬橋〜幸谷間)
nanohana_002








後撃ち。この譲渡車の愛称がどうなるか気になるところです。これにて流鉄甲種の撮影は終了としました。
nanohana_003








※2009年6月22日撮影

EF65-501+旧客の上越線ハンドル訓練4

また上越線かと言わずにお付き合い下さい。

6月13日、上越線高崎〜水上間でEF656-501号機+旧型客車3両編成を使用したハンドル訓練が実施されました。珍しく土日にハンドル訓練が行われたこともあり、大勢の方が撮影しておりました。

高圧線に前のパンタはかけたくないが、全パンにしたいなどと欲張った挙げ句に失敗。(撮影地:上越線八木原〜渋川間)
EF65_065








ハンドル訓練の直前に通過したE655「和」の団臨。(撮影地:上越線八木原〜渋川間)
E655_008








※2009年6月13日撮影

快速「レトロ横濱号」運転5

6月6日(土)、6月〜8月にかけて開催されている横浜・神奈川デスティネーションキャンペーンに合わせて、旧型客車を使用した快速「レトロ横濱号」が東海道線で運転されました。編成は←横浜 EF64+1001号機+旧客4両+EF65-501号機 →小田原で、プッシュプルでの運転でした。運転区間は横浜〜小田原間を2往復(1号〜4号)、運転に先立ち運転当日に高崎〜品川〜横浜で送り込み回送が、運転後は横浜〜品川(横須賀線経由)で返却回送が運転されました。翌7日にも「レトロ横濱号」は運転が予定されています。

6日は梅雨の走りのような天候でしたが、旧型客車を使用した臨時列車には当然注目が集まり、多くの人が撮影や見物をしていました。(それでも雨の分だけ少なかったのでしょう)あまりに多くの人が撮影していたためか、撮影している際に通りがけの方から、「何か珍しい列車が通るのですか?」とかれこれ10回以上は訪ねられる程でした。

事情がありまして、大森近辺でしか時間的に送り込み回送は撮れず大森から程近い踏切にて撮影。この後1号を撮る予定でしたが、京浜東北線の信号トラブルで沿線に出る時間的余裕がなくなったので、1号はパスしました。(撮影地:東海道線品川〜川崎間 大森付近)
EF65_063








2号は鵠沼第二踏切の貨物線側より。この時は雨が止んでいました。パンタの位置が微妙でした。(撮影地:東海道線藤沢〜辻堂間)
EF64_063








3号は相模川の鉄橋へ。このころになると日が差す時もあったのですが、通過時は残念ながら曇り。ただほぼ真上から当たる日が差したら、それはそれで良くなかったのかもしれません。(撮影地:東海道線茅ヶ崎〜平塚間)
EF65_064








4号は撮影しようと思っていたところに入れそうもなかったのでパスして、返却回送へ。しかし露出が落ちてきて通過時は日も陰り、安ズームレンズの絞り開放で撮った結果描写はダルダルでした。(撮影地:横須賀線品川〜西大井間)
EF64_064








ヘッドマーク拡大写真。両方ともヘッドマークは同一でした。撮った後気づいたのですが、Pトップの車番が雨できらきら光って綺麗でした。(撮影地:東海道線横浜駅)
HM_032








※2009年6月6日撮影

トラックバックを送信しています
TOMOの鉄日誌さん
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント