クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

EF510

新年初撮り 蒲須坂で北斗星を撮る

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。このブログも、早いもので8年目、よく続いているなと、我ながら感心してしまうぐらいです。

私の新年初撮影はカシオペア・北斗星から始まりました。2日より、秋田・青森方面へ遠征したのですが、その行き掛けで早朝の蒲須坂へ。この日は車両故障の影響でカシオペア・北斗星は40〜50分遅れ。日光連山から沸き上げる雲に太陽が隠れてたり、出たりを繰り返していたのですが、遅延のおかげでちょうどよく晴れてくれました。(撮影地:東北本線蒲須坂〜片岡)
DSC_9980

北斗星はヘッドマークが1円玉状態・・・・
DSC_9982


この後はひたすら北を目指しました。

485系で運転 「ひたち 50 周年記念号」を撮影する

10月13日、「ひたち 50 周年記念号」として485系K2編成を使用して団体臨時列車が運転されました。かつて常磐線を走行していた485系国鉄色ををリバイバルした企画となりました。運転区間はいわき→上野の片道運転でした。

水戸10時55分発と常磐線の順光箇所は限られた場所だったこともあり、数少ない候補から内原〜友部を選択。選択肢が少ないが故に、人が集中することを予想して通過3時間以上前に到着して待機。どんどん人は増えていき最終的にはざっと70〜80人程度に膨れ上がりました。快晴の天気の中ひたちは通過。(撮影地:常磐線内原〜友部)
DSC_8283


後ろにあるイオンモール内原の建物まで車体で隠したかったのですが、どうもうまく行きませんでした。

水戸工臨もあったのでそのまま居残り撮影。
DSC_8288


折角なので、帰りがけには安中貨物。(撮影地:常磐線牛久〜佐貫)
DSC_8296


秋晴れに恵まれまずまず満足した撮影になりました。今回のリバイバルは幕も余計なものも入っておらず、好感が持てました。このような企画が続いてほしいものです。

蒲須坂で北斗星を撮る

1月6日は真岡のSLを撮りに行きましたが、そのついでと言うにはかなり面倒なのですが、北斗星も一緒に撮りに来ました。

この日はカシオペアも運転されていましが、影が抜けきらず微妙でした。北斗星の時間になると影も抜けきり、絶好の状態でやってきました。5〜10分程度遅れていたこともあり、ノロノロで来たので落ち着いて撮ることができました。(撮影地:東北本線蒲須坂〜片岡)
DSC_2901


211系もここに来るたびに練習電という扱いにされていますが、そろそろこちらも終焉でしょう。
DSC_2897


被ったり、意外と上手くいかない蒲須坂なのですが、今回はバッチリでした。

EF510-501単機試運転2

12月24日から25日かけてEF510-501の単機試運転が尾久〜郡山間で一往復行われました。

オリタケで旧客訓練を撮影した後は南浦和陸橋へ。この510の試単ともう一つ突発的な配給があったので急遽こちらへ向かいました。(配給は次記事へ)

残念ながらギリギリ順光にならず。シングルアームの逆型パンタというイメージが上手く作れず、串寸前でした。(撮影地:東北線南浦和付近)
EF510_003

※2009年12月25日撮影

JR東日本に新型機関車 EF510-501甲種輸送3

更新する記事が溜まっていますが、とりあえず順を追って更新したいと思います。

12月18日から19日にかけて川崎重工で製造されたEF510-501号機が兵庫→新鶴見→田端操(武蔵野線周り)で甲種輸送されました。牽引は吹田からは田端操までEF65-1080号機で、相模貨物まではヨも連結されました。

EF510は「北斗星」や「カシオペア」の牽引機として新造され、現在のEF81を置き換える予定です。塗装は青地に金帯とJR北海道のDD51に似たような配色となっています。EF510は既にレッドサンダーとしてJR貨物で活躍しており、今回のJR東日本の機体には500番台が振られております。塗装を除くとかなり見た目は似通っている印象を受けました。

順光を求めて、朝の茅ヶ崎へ。撮影地は日陰だったので待機している間が寒くて、なかなか堪えました。本番は遅切りして串パン…(撮影地:東海道線茅ヶ崎〜平塚間)
EF65_080

茅ヶ崎のあとは追っかけをして、金町の江戸川河川敷へ。ここは30人は優に人が集まっており、激パの様相でした。切り位置を間違いました。EF81より車体が短いのをしっかり考慮できなかったのが敗因でした。どれもこれもイマイチな写真なのが心残りです。(撮影地:常磐線金町〜松戸間)
EF65_081

折角なので側面強調でもう1枚。
EF510_002


510甲種の後1時間程残って、安中貨物を撮りました。北斗星牽引機でも運用に入ることのある安中貨物ですが、この貨物列車にも東の510が牽引する日がやってくるのでしょうか。串った甲種の写真を見てみると65と81の車体差やパンタの位置の違いがよくわかります。(撮影地:常磐線金町〜松戸間)
EF81_042

※2009年12月19日撮影

トラックバックを送信しています
マエストロの鉄道模型と鉄道紀行さん
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント