クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

ED76

ED76三重連「明星」運転

9月25日から26日かけてED76の三重連と14系4両を使用による団体臨時列車が運転されました。25日は「あさかぜ」、26日は「明星」として運転されました。

近々の引退が噂されているED76ですが、まさかまさかの三重連の企画。ブルトレとのバランスが悪いや後ろ2両が死重では意味がないという意見もあるようですが、私個人としてはよくぞやってくれたと思います。

26日のみしか撮影できませんでしたが、26日は追っかけ撮影に挑みました。

26日の「明星」は熊本〜門司港〜博多と運転されました。ということでこの日朝から一路熊本方面へ。

朝の鹿児島本線の上りということで殆ど撮影地が逆光ということで苦慮しました。撮影地も結局よくわからず、植木付近で適当に見つけた俯瞰ポイントにて撮影。実は結構な有名撮影地だったようで直前には10人弱ほど集まりました。(撮影地:鹿児島本線西里〜植木)
ED76_006

植木付近で撮影地した後は高速道路を利用して追っかけ。発数は稼ごうと思えば可能でしたが、どうせ逆光だろうということで一気に海老津の手前まで行きました。海老津の有名撮影地などはかなりの人出で撮れそうな余地も無さそうでしたので、無名な場所を選択。
(撮影地:鹿児島本線海老津〜教育大)
ED76_007

門司港付近も間に合いそうだったので、一発稼ぎで適当に。このあたりから完全に曇ってしまい、写欲も大幅に減退。(撮影地:鹿児島線小森江〜門司港)
ED76_008


門司港レトロなど周辺で暇を潰したり、昼食を食べしたりした後撮影再会。

最後はキハ58の時と同様に赤間の田園へ。雲の切れ目から晴れる可能性もあったのですが、残念ながら晴れず。露出もない中三重連は高速で通過していきました。ここではざっと10人程度はいたと思います。(撮影地:鹿児島線赤間〜東郷)
ED76_009


こうして三重連の撮影はこれにて終了。76三重連という珍しい組成に楽しい一日が過ごせました。

九州で撮影した貨物列車3

ED76牽引の貨物列車。九州島内にいる時は大雨で軒並み長距離貨物列車は遅延していて時間が読めず大変でした。(撮影地:鹿児島本線東福間〜東郷間)
ED76_003





同じくED76牽引貨物列車。(撮影地:鹿児島本線原田駅)
ED76_004





EF81牽引の貨物列車。タンク車一両だけの面白い貨物列車でした。(撮影地:鹿児島本線小倉駅)
EF81_024





キハ66系シーサイドライナー塗装車の配給列車。偶然遭遇したので後撃ちだけです。(撮影地:鹿児島本線東福間〜東郷間)
EF81_025





※2008年8月26日〜28日撮影

寝台特急はやぶさ単独走行【ED76】4

富士の単独走行を撮ったからには、はやぶさの単独走行も当然撮りたいところです。こちらも大雨の影響でろくに撮れず仕舞いでしたが、2回撮ることができました。赤いED76が寝台を牽引すること自体が関東に住む人間に撮っては新鮮なものに写りました。ただ編成が単独走行だとかなり寂しいものがあります。まさに九州寝台特急の最後の時が近いことを感じざるを得ません。

上り列車。福岡市街地を駆け抜けます。(撮影地:鹿児島本線吉塚駅)
ED76_001





こちらも上り列車。富士よりも一足早く小倉駅へやってきます。(撮影地:鹿児島本線小倉駅)
ED76_002





※2008年8月26日・28日撮影

日豊本線を走る寝台特急富士【ED76】4

ようやく遠征記も九州編です。

九州島内に来たからには撮りたかったのは富士・はやぶさそれぞれの単独列車での姿です。結局遠征中は大雨などに祟られて、運休の連発で撮れる機会は殆どありませんでした。結局上り営業列車は3日間で一日も見ることのできないというのは、長距離列車の脆さを感じました。

一見下り営業列車ですが、打ち切りにあった列車の回送です。ですが本来のダイヤでヘッドマークを付けたままやってきました。この列車8月24日発の列車で、撮ったのは26日なので一日遅れの列車です…(撮影地:日豊本線中津駅)
ED79_001





上り列車。これは定時で営業運転していました。小倉駅でバルブ。(撮影地:日豊本線小倉駅)
ED79_002





※2008年8月26日撮影
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント