クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

9000系

西武9000系9108F返却甲種輸送3

東急車輌でVVVF化改造を受けていた西武9000系9108Fが1月31日出場し、逗子〜新秋津〜小手指と甲種輸送されました。この9108Fをもって西武9000系のVVVF化改造工事は全編成に実施されたことになり終了となります。

まずはE31重単の送り込み。編成は飯能寄りからE31+E34でした。また代わり映えもなく西所沢進入を撮影。(撮影地:西武池袋線西所沢〜小手指間)
E34+E31_001





JR区間は新鶴見よりEF65-1001号機が牽引。今年度限りで引退する予定のEF65-1001号機が牽引ということでいつもより沿線は賑わっていました。(撮影地:武蔵野貨物線梶ヶ谷タ〜府中本町間)
EF65_011





新秋津で並ぶEF65-1001とE31+E34。どちらも引退の近いと言われている機関車の並びとなりました。新秋津は30000系の時とうってかわって、人は疎らでした。それにとても寒かったです。
EF65_012





西武区間は日没後になるため、走行は不可能。ということで駅など特定箇所に人が溜まっているだろうと思ったのと、あまりにも寒かったのでまともな写真を撮ることは諦めて、所沢で前照灯が消えた後に適当に撮って切り上げました。
E34+E31_002





※2008年1月31日撮影

最後の西武9000系VVVF化改造に伴う甲種輸送にもかかわらず、自分の体力の意思の弱さが重なりかなりいい加減な撮影となってしまいました。これで9000系は全てVVVF化されたことになります。全編成VVVF化されてもエコマークは付けてままなのかなどまだまだ9000系には注目していきたいと思います。

トラックバックを送信してます
FujickeyのNゲージ部屋さん
ageBLOG! -forFC2-さん
Musashino RM Blogさん

【所沢】西武9000系9108F入場甲種輸送【新秋津】5

西武9108Fの東急車輌入場甲種輸送15日朝の部です。朝予定より出撃が遅くなってしまい、所沢陸橋まで歩いているうちに所沢を発車する危険があったので、やむを得ず新秋津短絡線付近で撮影。牽引はE31+E32です。(825頃)やっぱりこの付近障害物が多すぎて如何ともし難いです。
9108F_018





新秋津付近まで移動した頃には既に入れ換えをしてました。JR側の牽引機は前回の9103Fの返却同様にEF210が担当。
EF210_002





E210-120と9108Fが連結。
9108F_019





新小平寄りには役目を果たし9108Fから切り離されたE31+E32。
E31+32_010






どうでもいいことですが寝ぼけ眼で家を出たせいかベルトを締め忘れて、大変な状態だったのでこの後さっさと撤収しJR側の走行は撮ってません。これで9108Fが東急車輌に入場し、西武9000系の抵抗車は全滅。9000系の歴史にも一区切りではないでしょうか。9108FがVVVF化改造されまた次に会えるのはいつでしょうね。

トラックバックを送信してます
虹ブログさん
FujickeyのNゲージ部屋さん
でんしゃ観察レポートさん

【小手指】西武9000系9108F入場甲種輸送【所沢】5

VVVF化改造のため東急車輌への入場する9108Fは新秋津発を15日朝に控え丁度15日に日付の変わる直前から0時過ぎにかけて9108Fが小手指から所沢まで回送されました。上り終電後にE31+E32の重連に牽かれてゆっくりと9108Fはやってきました。なんとかバルブも絵になりました。高倍率ズームの弊害で広角寄りの写真は歪曲が気になりますが、仕方ありません。
9108F_017





カマ出しで停車した後は後ろからも。クハ9008の車番が写した形で写真が撮れたのは記録としては良かったかもしれません。
9108F_015





最後に最後部を高感度で無理矢理流しました。
9108F_016





おまけで池袋線上り終電と貨物表示。
kote_001

西武9108F入場甲種への準備進む3

新秋津発を明後日に控える9108Fの様子を本日少しだけ小手指に見てきました。既にE31+E32の重連に繋がれおり、スカートは外され最後部には反射板がついてました。(13時半過ぎに基地敷地外から撮影)
↓E31が繋がれてる側から
9108F_011





反射板の付いている最後部からの写真。金網ごし取ったため、左下に灰色のぼやっとしたものが写りこんでしまいましたが。
9108F_012






トラックバックを送信してます
セイブネットさん
西武人の鉄道記さん

西武9000系9103F返却甲種輸送4

6月に東急車輌入場してVVVF化改造を受けていた西武9000系9103Fが改造を終えて本日(27日)に出場し、それに伴いJR線を介して甲種輸送が行われました。約3ヶ月半余りでの出場となります。

例によってE31形の新秋津送り込みの撮影からスタート。最初は北飯能付近にいたのですが、いつもより通過時間が早かったようで、まだ来ないだろうとぼーっとしてるうちに撮影をし損ねるという大失態を起こしてしまいました。

挽回するべく急いで飯能駅へ向かいとりあえず停車写真だけでも撮って、さっさと飯能駅は後にしました。今回の牽引はE33+E34のペアです。
E33+34_029E33+34_028





先回りして西所沢駅付近の踏切へ。今日は曇ったり、晴れたりで撮影するのにはなかなか一苦労。後から見ればもうちょっと引けば良かった気も…(撮影地:西武池袋線 西所沢〜小手指間)
E33+34_030





更に後続列車で追いかけて、秋津の短絡線付近へ。いつもならここで追いつかないのですが、今回はスジが違ったお陰でここでも一発。
E33+34_031





最後にお決まりの新秋津付近。
E33+34_032





JRから甲種までまだまだ時間があったので、西国分寺付近へ移動。毎度のことながら西国分寺駅は大量に人がいたので、沿線の陸橋から撮影。珍しくEF210形による牽引でした。(撮影地:武蔵野線 北府中〜西国分寺間)
EF210_001





新秋津に戻ってEF210形とE31形との並びを撮影。
9103F_020





この後動くのを待っていたのですが、なかなか動かずあたりは真っ暗になってしまい三脚を持っていなかったので諦めて帰りました。ともかくこれで西武9000系のVVVF化も7編成終了しました。次はとうとう最後の9108Fの入場が来月には控えております。9000系抵抗制御車最後の姿もまもなく終わりを告げます。

※余談
今回より購入したデジイチを使用しております。まだまだ使いこなせていませんが、コンデジとの画質の差に撮っているのが楽しく仕方ない状態でした。どんどん使って我が物にしていくぞ。

トラックバックを送信してます
FujickeyのNゲージ部屋さん
でんしゃ観察レポートさん
Musashino RM Blogさん

異色の編成西武9106F3

西武9000系でVVVF化改造を受けた編成のパンタグラフは9101F以降は全てシングルアームパンタグラフに交換されています。しかし改造の第1編成であった9106Fはモハ9606のパンタグラフは撤去されたものの、菱形のままで出場しました。未改造の9108Fは製造時からシングルアームパンタなので、今や9106Fは西武9000系で唯一の菱形パンタ編成となってます。
左側、朝の通勤急行に就く9106F。撮影地:西所沢〜小手指。
右側、夕方ラッシュ時の快速に充当される9106F。撮影地:保谷〜ひばりヶ丘間。9106F_0019106F_002

西武園ゆうえんちプールHM登場3

西武新宿線の西武20000系20104Fに西武園ゆうえんちプールHMが取り付けられていました。写真は7月30日に玉川上水の洗浄線に止まっていたのを無理矢理撮りました。後で走行写真を撮りたいところです。色々なブログを見たところでは西武池袋線の9104Fにもついているようです。HMのデザインは去年とは微妙に違います。
20104F_002







トラックバックを送信してます
Musashino RM Blogさん
鉄道かわら版さん
でんしゃ観察レポートさん

【地元】野球ダイヤ観察【交流戦】4

今日が地元グッドウィルドームで行われる交流戦の最後の日だったようです。スタジアムエクスプレスは土日にゲームがあるときは毎回運転されるので、特にどうということもありませんけど。今日の野球ダイヤは土日デーゲームダイヤです。とりあえず野球臨は一通り撮影できたので、以下で掲載。撮影した場所は所沢〜西所沢の大カーブ。
左側、西武新宿行きの野球臨(7604レ)。新2000系(2000N)4+4でした。
右側、本川越行きの野球臨(7606レ)。20156Fが充当されました。この運用は今まで何度か見てますが、20000系しか見たことがありません。
2000N_02620156F_001






左側、スタジアムエクスプレス(ドーム80号・80レ)。10105Fが充当。
右側、9000系の「普通」西武球場前。(4407レ)9000系の普通の表示は早朝と野球ダイヤでしか見ることができません。この運用は運が良ければスーパー6000系も入るので(5月3日に目撃したことがありました)、こっちを狙っても面白いです。ただこれ時刻表で見ると準急になってますが、所沢始発とかなってたりよくわかりません。
10105F_0019104F_002







残りは野球臨とは関係ない撮影。
左側、2455F+新2000系(2000N)LED車8連(2155レ)。前パンを強調したアングルで。
右側、9108F(2149レ)。もはや唯一となってしまった9000系未更新。
2455F+2000N_0019108F_009






左側、235F+237F(5229レ)。新101系(101N)の4+4。
右側、4013F+4021Fの快急折り返しの回送(1749頃)。どちらもシングルアームパンタ車。4013Fはモーター低音タイプ、4021Fはモーター高音タイプのようです。
235F+237F_0024013F+4021F_001





【E31】西武9103F入場甲種回送【E32】5

今日西武9103Fが東急車輌への入場のために甲種回送されましたので、その様子を見てきました。
まずは所沢駅(805頃)。かなり前に止まっていたので、綺麗に撮影することは不可能でした。しかし来た時は既にパンタをあげていて焦りましたよ。
9103F_0159103F_016






急いで新秋津短絡線へ。苦しいアングルに加え飛んでる気もするけど…。(825頃通過)
9103F_0139103F_014











新秋津付近に到着したE31+32の重連と9103F。JR側の牽引はEF65 1084でした。ここで自分の時間都合がリミットを迎え、撤収しました。
9103F_0179103F_018







これで9000系の抵抗制御車はあと9108Fを残すのみとなりました。9000系の更新もとうとう今年中にクライマックスを迎えます。

関連記事
9103F入れ換え作業
9103Fのスカート外される
ここ数日の動き

トラックバックを送信してます
FujickeyのNゲージ部屋さん
TOMOの鉄日誌さん
西武人の鉄道記さん
Musashino RM Blogさん

西武9103F入れ換え作業4

甲種輸送の準備のためか西武9103Fの入れ換え作業が小手指基地で行われていましたのでその様子をお伝えします。
入れ換え作業をするために小手指基地に送り込まれるE31+E32の重連。おそらくこの2機が甲種輸送も担当するのでしょうね。(1440頃)
E31+32_005E31+32_006






入れ換え作業の様子を写した↓2枚。最初は検車区のような倉にいた9103FをE31+32が繋いで小手指駅の手前まで動かします。(左側写真)その後今後はプッシュする形で、小手指基地の奥の留置線まで移動させました。(右側写真)
E31+32_007E31+32_008






最終的にかなり奥の方まで行って停車。9103Fの後ろ側は連結器が交換されたようですが、まだ反射板はついてませんでした。(1545頃)
E31+32_0099103F_012







参考記事
9103Fのスカート外される
ここ数日の動き

トラックバックを送信してます
西武人の鉄道記さん
でんしゃ観察レポートさん
やっぱり鉄分の濃い日々さん
鉄道かわら版さん
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
最新コメント