3月ダイヤ改正公式プレス
http://www.seibu-group.co.jp/railways/kouhou/news/2006/0129.1.pdf

ということで上記のようにダイヤ改正される模様です。
池袋線系統の大きな改正点は石神井公園付近の工事に伴い、下りの緩急接続がなくなるようです。まずは下りから高架化されるということでしょうか。これを見た限りでは朝の他は少数行っている上りの緩急接続はそのままのようです。ここら辺は具体的なダイヤを見てみないと判別がつきません。難航していた石神井公園付近の複々線化もとうとう着工が見えきた感じでしょうか。
一方新宿線系統の大きな改正点は快速急行の東村山と狭山市の停車。西武新宿〜本川越間の所要時間を維持しつつ、停車駅を増やすわけですから、郊外と都心の間で利用する人が大半の快速急行ではかなりの人が恩恵を受けそうです。現状の停車駅の利用者は停車駅増やすならスピードアップしろと思うかもしれませんが。

具体的ダイヤがどのようになるか、今から興味津々です。