クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

113系

廃止される房総の新聞輸送列車3

2010年3月13日のダイヤ改正で消える列車を一つ紹介したいと思います。総武線に新聞輸送列車が今でも走り続けています。JRでは荷物列車は原則としては廃止されましたが、その例外の一つがこの房総方面へ向かうこの列車です。

使用車両は最近では209系-2100番台に置き換えが進む、113系4+4の8両編成が使用されています。そもそも使用車両が首都圏では僅少になった113系でしたので、元々注目されていた方も多かったと思います。業務列車なので、存廃について事前にわかることは少ないのですが、動労の千葉のホームページ(1月16日付の日刊動労千葉)に廃止について事柄が掲載されています。

幕張車両センターから発駅となる両国駅への送り込み回送。(撮影地:総武快速線下総中山駅 荷2331M)
113_011

両国駅から千葉駅まで荷2331Mとして運転され、千葉駅から4両ずつ外房・内房線方面で分割されます。なお千葉駅から先は旅客列車の一部を荷物室として使う方法で運転されます。(撮影地:総武快速線市川駅 回2331M)
113_010

※2009年8月5日撮影

リバイバル塗装された湘南色の113系の充当シーンも抑えたいところですが、私のあまり足を運ばないエリアなので、撮影できずに廃止されそうです。

湘南色とスカ色の混結 「懐かしの113系」が運転される4

10月24日と25日に湘南色に塗り替えられたマリ117編成とマリ205編成を使用した団体列車「懐かしの113系」が運転されました。経路は東京〜国府津〜大船〜横須賀〜大船〜東京でした。

23日に撮影したのですが、一発目は大森〜蒲田で。しかしなんと痛恨の被り。湘南色先頭(横須賀・国府津側が湘南色)がどうしてもリベンジしたくなり、スカ色先頭になる折り返しを捨ててまで北鎌倉のカーブへ。なぜここまでしたかというとレトロ横濱の時にここのあたりはどこも撮影地の許容人数は少なく、横須賀線随一の撮影地であるこのカーブは必ず激パになるだろうと見込んで通過2時間前から場所取り。途中から雨が降り出して、そのうえ狭いスペースに撮影者がギュウギュウ詰め。それでも2時間前から場所取りしていたおかげで思い通りの写真が撮影できました。その後は疲れた+露出もなかったので折り返しを待たずに帰宅してしまいました…(撮影地:横須賀線北鎌倉〜逗子間)
113_009

※2009年10月24日撮影

113系S71編成出場回送3

7月13日、幕張車両センター所属の113系S71編成が大宮総合車両センターを出場し、所属基地まで回送されました。経路は東大宮〜大宮〜新宿〜津田沼だった模様です。幕張の113系は209系の転属車によって置き換えられる模様ですので、こうした113系の出場というのもそう長く見られるものではないと思います。

外堀沿いを走る113系。(撮影地:中央線市ヶ谷〜飯田橋間 以下全て同様)
113_007








引いてもう一回。
113_008









おまけで数枚画像羅列。E233系。
E233_032








E231系。
E231_014








深緑と絡めて。
E233_031








※2009年7月13日撮影

岡山地区に残る113系・115系湘南色4

東京近郊では殆ど見られなくなってしまった113系・115系の湘南色電車ですが、岡山地区では少ないながらもまだまだ残存しています。

113系の湘南色。元々京都総合運転所に所属していた編成のようで、岡山地区では113系自体が異端のような存在です。(撮影地:山陽本線庭瀬〜中庄間)
113r_007






115系湘南色。岡山の115系A編成唯一湘南色を保っているA13編成です。(撮影地:山陽本線庭瀬駅)
115_008





115系湘南色と体質改善色の混結。4+3で、D26編成が先頭です。朝夕を中心にこのような混結編成は時々見られる模様です。(撮影地:山陽本線庭瀬駅)
115_009





※2008年8月24日撮影

113系S69編成OM出場回送3

5月22日に幕張車両センターの113系S69編成が大宮総合車両センター出場しました。その出場回送を東十条駅付近で撮影してみました。OM出場回送は113系スカ色を都心で見られる数少ない機会です。房総エリアの113系も211系の投入などによって置き換えが進みましたが、残った編成もこの先どれぐらい生き残るか注目ですね。(撮影地:京浜東北線東十条駅付近)
113_005





中途半端な後撃ち。
113_006





※2008年5月22日撮影

【モノサク】総武本線物井〜佐倉で撮影【一般車編】3

5月3日から4日まで所用で銚子方面へ行って参りました。行き帰りは撮り鉄活動をかなりしてきたので、何回かこの遠征の記事をアップ致します。

総武本線の物井〜佐倉間はあたり一面が水田地帯となっており、物井側はあたり一体が撮影地となっています。俗にモノサクと称される撮影地で数時間撮影してみました。枚数が多いので今回は一般車のみです。(撮影地:総武本線物井〜佐倉間)

113系の8両編成。まだまだ千葉以東では元気な113系スカ色です。有名な亀崎踏切から。
113_003





濃霧の中をゆく113系。この日は生憎の天気で尚かつ濃霧というコンディションでしたが、これはこれで絵になります。
113_004





最近勢力を伸ばしている211系房総色。総武本線・成田線運用は211系運用が多めとなってます。
211_009





211系の霜取りパンタグラフ装備車。霜取りパンタはシングルアームパンタとなっていています。後ろパンなので見にくいですがご勘弁を。
211_008





E217系15両編成のエアポート成田。ここは113系4両からこのE217系15両まで実に多彩な編成長の列車がやってきます。
E217_005





※2008年5月3日撮影

今回の撮影では新たに購入した単焦点レンズのAiAF Nikkor 50mm F1.4Dで撮影したもの混じっています。今回ような露出がない時では明るいレンズはとても助かります。単焦点レンズな分だけ不便ですが、画質は私の所持している安物ズームレンズより向上してます。単焦点レンズということで従来ズームに頼って構図を決めていたことが、よく分かったのでしばらく単焦点レンズで構図を足で決める練習を積極的にしたいところですね。

トラックバックを送信してます
武蔵野情報館さん

内房遠征〜房総の列車を撮影〜3

内房遠征という題にしましたが純粋に撮影のために遠征したわけでなく、所用で館山に金土日の3日間館山に滞在していました。そのついでに少しだけ撮影しましたので、その写真をアップします。

館山駅は南欧風の駅舎が特徴的です。館山市は街の各所が南欧風になっており、館山駅周辺も南欧風に統一されています。そのため民家等の屋根もオレンジ色の煉瓦であったりして南国情緒のある駅周辺です。
tateyama_001





房総色の211系。5両編成のオールロングシートの座席となっています。(撮影地:館山駅)(178M)
211_007






以下は内房線浜金谷〜保田間での撮影。背景の山々が紅葉していてなかなか良いロケーションでした。山をバックにしたアングルは内房線の中でも有名撮影地のようです。

スカ色の113系。総武快速線からは姿を消しましたが、房総地区ではまだまだ現役です。時々大宮総合車両センターに入出場する際には都心でも目撃することができます。
真逆光の写真です…。(184M)
113_001





クリーム部分が飛んでしまいました。車両に濃淡が激しいだけに露出の設定が難しい車両です。最も腕も大きいですが。(171M)
113_002





E257系500番台。183系・189系を置き換えた房総の新鋭特急車両。内房線では主にさざなみ号として使用されます。
さざなみ14号。(8014M)
E257_002





後撃ち。
E257_001





※全て12月2日撮影
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント