1月15日、新秋津に留置されていたクモヤ143-18が廃車に伴い、長野総合車両センターまで甲種輸送されました。牽引機はEF64-1010(貨物機)で次位にゆうマニ(マニ50-2186)が連結されました。推測になってしまいますが、配給ではなく甲種輸送扱いになったのは既に車籍のない車両の輸送だからでしょうか。

順光を求めて鳥沢鉄橋へ。こう見るとクモヤの色褪せはかなり酷いようです。(撮影地:中央線鳥沢〜猿橋間)
EF64_074

※2010年1月15日撮影

新秋津のクモヤと言えば、西武甲種の時に必ずお目にかかる車両でしたので、過去に撮影した写真を数点。なお現在は代わりにクモヤ145-118が新秋津には留置されています。

2047Fの入場甲種時の写真。E31のとの並びは大量に写真があるのですが、単発で撮影した写真があまり見つからず。(2007.12.12)
143_001

こちらは今はなき105系訓練車と連結していた時の車両。今は訓練車も209系に置き換わっていますので、新秋津の留置車両も一年程で顔ぶれが一変。(2008.10.15)
143_002


まだ写真はあると思うのですが、一体いつ撮影したかわからなくなってしまったので、良さそうな写真がありましたらまた追加で掲載する予定です。