クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

近江鉄道

近江鉄道800系・820系3

近江鉄道シリーズ第4弾です。
時間があまりなく沿線の撮影が不十分でしたので、今度訪れる際にはもっと沿線で撮影したいところです。また土日祝日に発売されるS・Sフリー切符は550円で大変お得で、少し遠いところに行っただけで元が取れてしまいました。(8月19日撮影)

近江鉄道には元西武401系を改造した車両が走ってますが、一つは前面を大幅に改造した800系です。前面が西武401系とは全く違うので、まるで別車両です。そうは言っても側面を見れば、紛れもなく元西武の車両ということがうかがい知れます。この時は近江鉄道ミュージアムのヘッドマーク付きの編成が多数走っていました。
左側、近江鉄道ミュージアムHM付き近江800系。(撮影地:大学前駅)
右側、八日市駅に留置されていた近江800系。
oumi800_001oumi800_002






左側、近江鉄道ミュージアムHM付き車の並び。(撮影地:八日市駅)
右側、高宮駅を出発する近江800系。(撮影地:高宮〜尼子間)
oumi800_003oumi800_004






一方近江鉄道820系の方は西武401系の面影をかなり残しています。西武時代と大きく変わったのは前面のステンレス髭が撤去されたことぐらいで、比較的原型の姿を保っています。
左側、八日市駅に停車する近江820系。
右側、近江820系車内にあった所沢工場の銘板。
oumi820_001oumi820_002







西武鉄道ではほとんど無くなってしまったCPのAK-3はこちらではまだまだ健在です。ボコボコと音をたてる独特のサウンドを高確率で聞くことできます。(西武にもまだクモハ284とクハ2414に搭載されてます)モーター音を含めて非常に懐かしく、乗っていて嬉しくて堪りませんでした。

近江鉄道に残る西武車の残像5

近江鉄道シリーズ第三弾です。

近江鉄道には西武401系がかなりの量譲渡され、大半は近江鉄道800系になりました。しかし改造計画の変更からか未改造で留置されている車両があります。それが高宮に留置されています。
401_001






彦根には西武801系が部品取り用に留置されてます。どちらの写真も懐かしいものです。
801_001

近江鉄道ミュージアム5

近江鉄道遠征の第二弾です。
現在近江鉄道は『国宝・彦根城築城400年祭』の一環として彦根駅構内を週末を中心として公開してます。これは見逃せないので行ってきました。機関車は既に休車又は廃車扱いのようですが、車両自体は存続しているようです。
左側、3形式の電気機関車の並び。左からロコ1100形、ED14形、ED31形。
右側、ED14形並び。右側のED144は国鉄色に復元されていました。
museum_001museum_002






左側、ED4000形。既に除籍されているものの存続しています。
右側、近江鉄道500系。最近は数を減らしているようです。
museum_003museum_004






左側、構外に留置されている近江鉄道800系ライオンズカラー。
右側、構外に並んで留置されているED31形。
museum_005museum_006






室内には近江鉄道の写真、プレート、パンタグラフなどが展示されていて、近江鉄道のグッズなどが販売されていました。
museum_007museum_008







参照
近江鉄道ミュージアム(近江鉄道)

近江鉄道米原駅3

西武鉄道ファンとしては一度は行きたかった近江鉄道巡りをしてきたので、何度かに分けて記事にしていきます。一回目は近江鉄道米原駅について。今年の6月をもって近江鉄道の米原駅は旧駅舎から新駅舎に場所が移りました。それに伴い米原駅付近の線路も移設しました。その旧駅舎付近の線路跡を見てきました。
左側、旧駅舎。まだ使っていそうな雰囲気。
右側、新駅舎。とは言ってもJR米原駅の改築が完成するまでの仮駅舎。
mibara_001maibara_003






移設された線路の部分。線路は剥がされていますが、架線柱などはしっかり残っていました。
maibara_002maibara_004
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント