クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

西武新宿線

西武30000系30101F&38115F試運転

12月21日、西武30000系の30101Fと38115Fが試運転を行いました。土曜日にも関わらず、両編成の試運転が行われるというのは珍しいのではないでしょうか。

30101Fは池袋線の所沢〜飯能間を数往復したいた模様です。(一部小手指〜飯能)
30000系の試運転は幾度と無く撮っていますが、10両固定編成は初でしたのでとりあえず抑えてみました。
(撮影地:西武池袋線元加治駅)
DSC_9819

LEDにやはり気を使います。(撮影地:西武池袋線西所沢〜小手指間)
DSC_9855


一方38115Fは新宿線系統で試運転。多摩湖線や西武園線への入線もありました。こちらは完全についで撮り。(撮影地:西武新宿線東村山〜所沢間)
DSC_9862


今年度の増備編成が試運転を開始。営業投入も時間の問題ではないでしょうか。そうなると気になるのはやはり3000系の処遇。西武は年末に車両の動きがあることが多いので、注目の年末となりそうです。

西武3011Fの系譜 新宿線所属時時代〜ランピングまで

土日の休みも雨で何もしませんでしたので、西武3000系3011Fの新宿線所属時から今までの写真を掘り起こしてみました。スカート装着前に撮り鉄した記憶はないため、スカート装着後からです。いつになく長文記事です。(再掲の写真を含んでます)

【新宿線所属時】
2008年1月頃撮影。当然旧幕、当時は本当に何気ない光景でした。一眼レフにして間もない頃の撮影ですが、当時としてはちゃんと撮影できる方でした。(撮影地:西武新宿線新所沢〜入曽)
DSC_4074


【池袋線所属時】
2008年5〜6月に一気新幕へ交換されますが、新宿線所属時には旧幕のまま。新幕交換と同時に池袋線へ転属と当時はブログに記しています。2008年6月28日撮影。(撮影地:西武池袋線練馬駅)
3011F_004


ここから1年弱、ラッピングしない姿+新幕という姿でそのまま走ります。
2008年10月頃撮影。(撮影地:西武池袋線保谷付近)
_DSC0101


この後時期が不明ですが、ラッピングの下準備として入場します。その後出場後は基本的な外観に変化はありませんが、側面の車番がラッピングに備え撤去されテープになっていました。出場は2009年2月頃と記載しています。
DSC_3562


【ラッピング後】
2009年5月1日にラッピングがお披露目。臨時列車に充当。(撮影地:西武池袋線椎名町〜東長崎)
3011F_008

そのまま定期列車へ充当。(撮影地:西武池袋線:池袋〜椎名町)
3011F_009


芝桜臨にも充当されていたようです。この後今までにおいて順光で山区間で撮ることはなく・・・出始めの時にしっかり抑えておくのは色々な意味で重要です。(撮影地:西武池袋線東吾野〜吾野)
3011F_011


2009年の8月の南入曽公開では新宿線へ里帰り。恐らく新宿線へのラッピング後の入線はこの時だけと思います。条例の関係もありそうです。
DSC_1901

南入曽からの返却回送。当時はE31の回送あたりの方が人が群がっており、3011Fなんて添え物に過ぎなかったと記憶しております。皆の動きも全てE31が中心。そんな時代でした。(撮影地:西武新宿線新所沢〜入曽)
DSC_1919


2009年9月頃。下り順光の箇所は少ないので、こちらの側の綺麗な写真は鬼門。(撮影地:西武池袋線秋津〜所沢)
DSC_5699


2010年3月改正では、時刻表の表紙にも採用されています。余程印象的だったのでしょうか。書店で山積みの写真を抑えていました。
SH3B0129


2010年2月頃。光線状態が微妙。何度かチャレンジしているのですが、綺麗な冬晴れの入間川では抑えられていません。(撮影地:西武池袋線仏子〜元加治)
DSC_1181


2011年4月頃。震災直後を思い起こさせる窓全開。(撮影地:西武池袋線池袋〜椎名町)
DSC_7509


2012年6月ごろ。佐世保にいた頃ですが、写真がありました。恐らく未公開だったと思います。早朝の柔らかい光が印象的。影落ちしていますが、他ではあまり見当たらなかったので。(撮影地:西武池袋線西所沢〜小手指)
DSC_0264


一番最近撮ったのはこれです。すっかり所沢駅も改装されてしまいました。2013年10月撮影。(撮影地:西武池袋線所沢駅)
DSC_8067


もともと3011Fのラッピングは4年の時限でした。4年経った現在でもまだラッピングされていますが、3000系の廃車が進む今となっては3011Fの活躍も長くてもあと1年程度と見込まれます。この特徴車、これからも追っていきたいと思います。

西武新宿線にレッドアロークラシック、ドコモダケヘッドマーク他

小さな話題をまとめて2つ。

3月中頃から、ドコモの応援学割のヘッドマークが着いた列車が走っています。AKBダケのCMが頻繁に流れていますが、その広告車のようです。ヘッドマークが付いているのは西武20000系20103F。ヘッドマークはついていないものの、この広告車は他にも数編成あるようです。(撮影地;西武池袋線秋津〜所沢)
DSC_3836


また、東村山の特急停車を記念して行われた出発式にレッドアロークラシック(10105F)が使用された関係か、3月17日も西武新宿線にレッドアロークラシックが走っていました。(撮影地:西武新宿線狭山市〜新狭山)
DSC_3970


この狭山市〜新狭山、数ヶ月前にさよなら101系の時にフィーバーした場所ですが、西武の中でも数少ない午前中に下りが順光になる区間です。狭山市から本川越までは下りが北東に向かって線路が伸びているという西武の中では「特異」な場所です。本川越行きの順光写真はなかなか難しいのですが、ここなら朝方に順光で仕留めることできます。
DSC_3972

2013年3月16日西武鉄道ダイヤ改正発表〜なくなるあの列車〜

3月16日に東京メトロ副都心線と東急東横線が相互直通運転されることに伴うダイヤ改正が、東京メトロ、東急電鉄、西武鉄道、東武鉄道、横浜高速鉄道の5社で発表されました。

東急東横線と副都心線の相互乗り入れにより、元町・中華街〜飯能が最速95分、元町・中華街〜川越が最速86
で結ばれます。池袋〜横浜間などは湘南新宿ラインと所要時間や本数が肉薄することになり、厳しい競争となりそうです。

西武鉄道の中ではというと池袋線では地下鉄直通の快速急行が新設されるのが大きなところになります。新宿線では東村山の特急停車。萩山での連結廃止が大きいところになります。

散々ニュース的なことは各所で報道されておりますので、そこは割愛させて頂いて、趣味的には重要ななくなる列車や行き先にスポットを当てます。

<池袋線系統>
\症霾面からの渋谷行きの廃止もしくは大幅削減
詳しいダイヤを見ない限りわかりませんが、恐らく渋谷行きは廃止されるか、あっても早朝夜間程度に留まると思われます。

LED車しか渋谷行きは充当されないため、私はLED車をしっかり写した写真が少なく、廃止まで再度記録しなおそうと思っています。
DSC_2725


DSC_5664


∧親夕方の急行小手指行き廃止。
2008年のダイヤ改正で登場した平日夕方の急行小手指行きが飯能行きへ延長されて消滅。珍行き先に近かったので、ある意味順当と言えるかもしれません。
DSC_3104_2


J親昼間の池袋行き快速急行の廃止
快速急行は平日は地下鉄直通のみになるため、はっきりはわかりませんが、乗り入れ車両以外の快速急行は平日朝と休日の快速急行のみとなりそうです。また非乗り入れ車の快速急行飯能行きはなくなることが予想されます。
DSC_0449

6000系も地上運用の快速急行はほぼなくなりそうです。
DSC_2735

こんな姿も見納め?
DSC_0392


’觧海任力結廃止伴う、拝島線の6両急行、多摩湖線の4両急行廃止。
こちらは特徴的な姿だっただけに変化が大きいでしょう。私は多摩湖線の急行はまともな記録がなく、なくなるまで是非撮りたいのですが、叶うのでしょうか。写真は拝島線の6両急行。
DSC_2706


一橋学園行きの廃止
こちらも完全に廃止。これも特徴的な一区間の運用だったただけに、なかなか変化が大きいところです。またこれに伴い本町信号所の出番は・・・となるかもしれません。
写真は以前の225F引退時の記録しかなくお恥ずかしい限り。
225F_018


西武遊園地〜小平の区間列車大幅削減。
一部列車は残るかもしれませんが、多摩湖線全線でワンマン化により、ほぼ見れられなくなるのでしょうか。
2525F_007


さて西武鉄道としては副都心線開業以来の大規模ダイヤ改正ですが、影に隠れがちな新宿線にも大きな動きがあります。ダイヤ改正までの間はなくなる列車に焦点を当てて極力記録していきたいところです、

<参考>
西武鉄道プレスリリース
http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2012/__icsFiles/afieldfile/2013/01/22/20130122diagram.pdf

西武新宿線で2000系2+6+2が走る

1月16日、西武新宿線で旧2000系の2+6+2が走りました。通常の10両の組成は6+4、4+6、4+4+2、2+8あたりが多いのですが、2+6+2というのはかなり珍しいかと思います。

撮ることができそうだったのですが、何分夜の運用でしたので、まともな撮り方を考えれば駅ですが、新宿線で10両を綺麗にバルブできる駅はありません。なので、今回は記録は動画にまかせて、静止画はおまけ程度としました。

編成は新宿側より2409F+2011F+2419F。正直2+8と何が違うかさっぱり・・(撮影地:西武新宿線小平駅)
DSC_3085


ということで、2+6+2という証拠は動画で御覧ください。

【西武】101系さよなら運転

12 月 9 日(日)、ワンマン車を除いた101系系列が営業終了するのに伴って、「さよなら101系・301系イベント」が開催されました。イベントは西武球場前前での309Fと271F+281F+285Fの並べての展示、横瀬で271F、281F、保存車のクハ1224の並び、309Fの臨時快速西武球場前の運転、そして101系さよなら運転ツアーの実施、記念乗車券の発売といった内容でした。

とりあえず画像のみ羅列させておきます。(後日加筆します)

271F+281F+285F送り込み回送。(撮影地:西武新宿線東村山〜所沢)
DSC_2062


309F送り込み回送。(撮影地:西武池袋線秋津〜所沢)
DSC_2064


西武園停車中。
DSC_2101


(撮影地:西武新宿線狭山市〜新狭山)
DSC_2111


(撮影地:西武新宿線狭山市〜新狭山)
DSC_2120


曇るは仕舞いにはピンぼけしている有様。(撮影地:西武池袋線東吾野〜吾野)
DSC_2167


横瀬の撮影会の風景
DSC_2195


返却。完全下スカ。被りギリギリ構図がずれて終了。(撮影地:西武池袋線入間市駅)
DSC_2218


とうとう101系の本線での営業運転に終止符。追いかけていたものがまたひとつ消えて行きました。

【西武団臨】くめがわ電車図書館チャリティー団臨に乗る

10月21日(日)、西武新101系271F+281Fを使用した団臨が運転されました。こちらはくめがわ電車図書館チャリティー団臨と銘打って実施され、ひがしむらやま551// さん、SSK's BLUE Rail Log さんなどが中心となり、参加費の一部をくめがわ電車図書館の再塗装費に充てようという企画で実施されました。

経路は小手指(送り込み回送)⇒所沢⇒東村山(ここから客扱い)⇒上石神井⇒小平⇒西武遊園地⇒萩山⇒田無⇒東村山⇒西武園⇒東村山(客扱いここまで)⇒西武園(この間撮影用)⇒東村山(ここから返却回送)⇒所沢⇒小手指。相当マニアックなルートで「流石」のルート設定といったところでしょうか。

基本的には撮影専門の私ですが、縁もありまして乗車することに致しました。

東村山5番線より乗車。総勢80名程の乗車です。
DSC_0454


幹事の方々の社内アナウンスやご一緒された方々とのお話をたくさんさせて頂きながら、団臨は走行。

東伏見で退避する際に今回「仕掛け」をじっくり観察いたしました。
幕は手製のものが入れ込まれており、遠目に見れば快速急行飯能のような雰囲気です。快速急行と言えば未だに私はこの配色に拘りがあり、こういう仕掛けは大変うれしいものです。
DSC_0477


先頭車の電連は黄電連を模して塗装されており、往年の姿を思い起こさせるものでした。といっても271Fが実際に黄電連だったことはなかったようです。
DSC_0478


面構え。好天に恵まれ有名撮影地は車内から見た限りではとんでもない人でした。特に田無駅先が恐ろしい光景でした。西武の電車にここまで集まったこともあまり記憶がありません。(機関車は別として)
DSC_0480


上石神井のY線の入線はこの団臨の一つのポイントでした。なかなかこんな風景は体験できません。ここで客扱いするのは史上初だったとのこと。このあと入れ換えをして、ホームのない1番線(1番ホームではなく)から出発。
DSC_0487


更に団臨は進み、萩山留置線へ。ここも乗ることは早々できません。通過する多摩湖線電車を見慣れぬアングルで眺めること十分程度、団臨も終盤へ。
DSC_0504


西武園で降り、ひと通り記念撮影。281Fは準急っぽいような配色です。
DSC_0522


よくわかりませんが、方向幕がずらり。
DSC_0527


最後の東村山〜西武園はフォトランで撮影用走行。西武園駅から勢いで歩いていたら、思った以上に暑く汗だくで撮影する頃には集中力がプツンと切れてしまい、この後の撮影は凡ミスの連発でお恥ずかしいのですが、羅列しておきます。最近の運動不足が明らかに祟っております。(撮影地:西武西武園線東村山〜西武園)
DSC_0550


返却回送。色々突っ込む点はありますが、もう既にこの時半ば放心状態(笑)(撮影地:西武池袋線西所沢〜小手指)
DSC_0571


全てが終わったあとの271F。既に281Fとは切り離されておりました。黄電連を元に戻していたところで1枚。本当に今回は散々楽しませて頂きました。
DSC_0588


この場を借りて、今回このような場を設けて頂きました幹事の皆様と、このような企画を受けて頂いた西武鉄道の皆様に重ねて御礼申し上げさせて頂きます。

また10/20付の朝日新聞夕刊にも取り上げられています。
http://www.asahi.com/national/update/1020/TKY201210200174.html

【西武】西武線×桜2012

4月8日、9日かけて撮った西武線と桜の写真をまとめて掲載します。正直都内の桜は満開には一歩手前、多摩地区は5分咲き以下で、いまいちな開花状況でしたが、とりあえず記録ということで撮りました。

★八坂〜武蔵大和間
多摩湖線のこの区間はいろんな場所に桜が植わってますが、武蔵大和周辺を適当に散策して撮りました。ここの桜は明らかに見ごろ前でしたが、261Fがどうしてもこの区間で撮りたかったので、敢えてここを選びました。

編成写真でも有名な場所とは思いますが、複線が丁度終わる箇所。写真のフレームの外ですが、左側に信号があるため、被ることはまずない場所なのも魅力的です。この日は不定期列車が走っていたので、効率良く撮影できました。
白い101系。
DSC_8988

新2000系。やはり幕車に限ります。
DSC_8983

そして261F。塗装が変更されたのが2009年の3月、塗装変更は4年間だったと思いますので、恐らくこれがこの塗装と桜のコラボレーションは最後だろうと思い立ち、敢えてここで撮影しました。

実は一回失敗してしまい、40分後まで待ちました。そうこうしているうちに面の光が薄くなってしまったのが残念。
DSC_8993

午後ならこちらでも順光になりますが、架線柱が車体に刺さります。
DSC_8978


その他駅まで帰る際に撮りました。
DSC_9001

DSC_8968


★武蔵関〜東伏見間
言わずと知れた石神井川の桜並木。有名な踏切はもう幾度と無く撮ったので、とりあえず川沿いから適当に撮影。流しも微妙な感じで、桜との絡め方はもう少し考えなおしが必要でしょう。ここの桜は桜同士が影になってしまい、なかなかどう撮るべきかが悩ましいのが難点。もう何年も撮っているにも関わらず、これだ!という写真にたどり着くことができません。

DSC_9075
DSC_9091
DSC_9109 (2)
DSC_9067_2
DSC_9123

【西武】4000系4003F団臨

4月9日、西武4000系4003Fが西武新宿〜所沢〜高麗間で団臨として運転されました。4000系が新宿線に入線するのはなかなか珍しいと思います。所沢〜南入曽であれば、かつては車輪の添削等で割と入線はあったと思うのですが、所沢以東はなかなかないと思います。

本当は送り込みの回送が一番光線としては良かったのでしょうけど、その送り込みを見て知ったので下ってくるのを待つことに。

総じて光線状態が悪い中で午前中の下りは東村山〜所沢間の柳瀬川より東村山寄りか一番マシなのでしょうけど、歩くのが面倒だったので所沢の近くで。そして遅切って、失敗しました。(撮影地:西武新宿線東村山〜所沢)
DSC_0005


近くには菜の花も咲いていたので、どうにか上手く絡めようとしたのですが、グダグダになってしまい結局編成写真を撮ろうとして失敗とは、なんとも言えませんでした。

【西武】10112Fが池袋線で運用他

5月13〜14の西武の撮影記もこれで最後にします。

唯一のVVVFの10000系10112Fが池袋線で運用に就いていました。貸し出しなのか転属なのかわかりませんが、回生電力吸着装置が西武秩父線に設置されて以来、新宿線の運用拘る必要性がそもそもありませんので、来るべくしてその時が来たと言ってもよいと思います。

写真は回送ですが(笑)(撮影地:西武池袋線秋津〜所沢)
10112F_008

その他雑多に。

271F+301(撮影地:西武池袋線池袋〜椎名町)
271F+301F_002


もう何年も続いている東京富士大学ラッピング。3017F。(撮影地:西武新宿線武蔵関〜東伏見)
3017F_003
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
最新コメント