クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

西武多摩川線

【西武】新101系247F武蔵丘出場4

2月17日、西武多摩川線用のワンマン改造車新101系247Fが武蔵丘を出場し、南入曽車両基地まで試運転表示で回送されました。

見た目だけでの判断ですが、多摩湖線ワンマン改造車に瓜二つの改造車となっていました。多摩川線の旧101系の置き換えが確実な情勢ですので、多摩川線用のワンマン改造車と見て間違無いと思います。なお写真の通り、なんと真っ白な塗装で出場しました。今後ラッピング車にでもするのか、よくわかりませんが、インパクトは強烈でした。

露出もなかったので、手軽に航空公園付近で一発勝負。思った以上に白が明るく全面の頭の部分が白飛びしてしまいました。(撮影地:西武新宿線所沢〜航空公園間)
247F_001

※2010年2月17日撮影

西武多摩川線90周年ヘッドマーク掲出5

西武多摩川線は1917年から今年で開業90周年を迎えました。その一環として様々なイベントが企画されました。その一つが多摩川線90周年ヘッドマークの掲出です。なんと全編成になんらかのヘッドマークが掲出されるという手のこんだものでした。西武旧101系にヘッドマーク掲出というのも一体何年ぶりのことでしょうか。なおヘッドマークは12月8日から16日までの間取り付けられました。

ヘッドマーク掲出期間中13日の16日の二回訪れましたが、13日は生憎の天気でした。それでもちらほらと電車にカメラを向けている方を見かけました。16日は好天に恵まれ最終日の日曜日ということもあって多くの(当然私を含め)レイルファンが沿線で詰めかけていました。走行写真は13日のものは多磨〜白糸台間で白糸台駅近くの沿線で、16日は新小金井〜多磨間のいちご橋という有名撮影地で撮ったものです。

西武217F。クハ1217・クハ1218共に同様の絵柄のヘッドマーク掲出されました。茶色基調の落ち着いたものです。なかなかシンプルでいいヘッドマークと個人的には思いました。(撮影地:西武多摩川線新小金井〜多磨間、16日撮影)
217F_001





HM拡大写真(13日撮影)
HM_012






西武219F。クハ1219にだけですが星柄のヘッドマーク掲出されました。(撮影地:西武多摩川線多磨〜白糸台間、13日撮影)
219F_003





HM拡大(16日撮影)
HM_009






西武221F。クハ1221には赤電をモチーフにしたヘッドマーク掲出。個人的には好きなデザインです。(撮影地:西武多摩川線新小金井〜多磨間、16日撮影)
221F_002





HM拡大(16日撮影)
HM_011






221Fは前後でヘッドマークが違いクハ1222には武蔵境〜北多磨と書かれたヘッドマークが掲出されました。(撮影地:西武多摩川線新小金井〜多磨間、16日撮影)
221F_003





HM拡大(16日撮影)
HM_010






西武223F。クハ1224側にのみ多摩川線全駅の駅名の入ったヘッドマーク付られました。(撮影地:西武多摩川線新小金井〜多磨間、16日撮影)
223F_003





HM拡大(13日撮影)
HM_008






トラックバックを送信してます
セイブネットさん
Kaz-T's blog レインボーラインさん
TOMOの鉄日誌さん
FujickeyのNゲージ部屋さん
虹ブログさん
西武人の鉄道記さん
鉄道の小箱さん
melonpanのつぶやき。さん
LOCALの部屋さん
ミドリのトウさん

西武多摩川線:新小金井〜多磨間で撮影4

西武多摩川線の西武旧101系が見たくて、新小金井〜多磨間で撮影してみました。暑くて撮影地に行くまでが地獄のようでした。最初に行ったポイントの時は薄日だったのが、ちょっと残念。木々が列車に掛かってしまいましたが、ご愛敬ということで。地図
101_001101_003






さっきの場所の丁度反対側に位置するところに移動。このころは強い日差しがありました。(お陰で下回りは潰れているのでなんともいえないですが)地図
101_002101_004





西武多摩川線3

先ほどの南多摩〜府中本町の撮影を終えた後は歩いて西武多摩川線の是政駅。南武線の南多摩と多摩川線の是政はそれ程離れてません。今回は時間がなかったので、撮影らしい撮影はしてませんが、久しぶりに旧101系に乗ったので、懐かしい気分に浸れました。今度はしっかり撮影に訪れたいところです。
101_001101_002

絶滅危惧種★1<西武旧101系ワンマン車編>3

何回か、現在西武鉄道の車種で絶滅しそうなものについて特集してみたいと思います。

第1回は西武旧101系。もう既に本線からは撤退した旧101系ですが、ワンマン車も新型車が本線上に投入されれば、新101系などが改造され玉突きで廃車になる可能性が十二分にあるように思えます。特に多摩湖南線に1編成だけ残る旧101系の225Fは真っ先に廃車されてしまうように思えてなりません。新車が何時入るか確定しておらず、具体的な置き換え計画もない今の状態を考えるとまだ少し猶予があるように思えます。

5月16日追記
設備投資計画によれば今年度に101系ワンマン車1編成にバリアフリー化改造と書いてありますので、もしかしたら多摩湖線の225Fが改造されるのではなく、30000系により置き換えられる101N系の玉突きを食らって廃車されてしまうかもしれません。まだよく分からない部分も多いですが、225Fは早めに記録しておくべきでしょう。

20008年3月11日追記
30000系甲種輸送の第一陣からまもない2月4日に225Fがとうとう横瀬へ廃車回送となりました。2月3日に予定されていたイベントが大雪で中止となってしまい225Fは最後に盛大なさよなら運転は行うことができませんでした。結局225F最後の営業運転は1月31日となったようです。現在も横瀬で225Fは留置されているようですが、一部部品が既に抜き取られている模様です。

30000系がデビューする4月末以降大きな車両の動きが予想されます。多摩川線に残る旧101系もいつまで走り続けられるのか不透明です。ただ武蔵境駅の高架化が完成しない限りは物理的に置き換えは不可能なのでもうしばらくは活躍を見ることができそうです。

↓玉川上水から出庫する225F。この光景も過去のものに…
225F_004
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
最新コメント