クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

蒲須坂

新年初撮り 蒲須坂で北斗星を撮る

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。このブログも、早いもので8年目、よく続いているなと、我ながら感心してしまうぐらいです。

私の新年初撮影はカシオペア・北斗星から始まりました。2日より、秋田・青森方面へ遠征したのですが、その行き掛けで早朝の蒲須坂へ。この日は車両故障の影響でカシオペア・北斗星は40〜50分遅れ。日光連山から沸き上げる雲に太陽が隠れてたり、出たりを繰り返していたのですが、遅延のおかげでちょうどよく晴れてくれました。(撮影地:東北本線蒲須坂〜片岡)
DSC_9980

北斗星はヘッドマークが1円玉状態・・・・
DSC_9982


この後はひたすら北を目指しました。

蒲須坂で北斗星を撮る

1月6日は真岡のSLを撮りに行きましたが、そのついでと言うにはかなり面倒なのですが、北斗星も一緒に撮りに来ました。

この日はカシオペアも運転されていましが、影が抜けきらず微妙でした。北斗星の時間になると影も抜けきり、絶好の状態でやってきました。5〜10分程度遅れていたこともあり、ノロノロで来たので落ち着いて撮ることができました。(撮影地:東北本線蒲須坂〜片岡)
DSC_2901


211系もここに来るたびに練習電という扱いにされていますが、そろそろこちらも終焉でしょう。
DSC_2897


被ったり、意外と上手くいかない蒲須坂なのですが、今回はバッチリでした。

蒲須坂で北斗星を撮るも・・2

9日は真岡の前座に蒲須坂〜片岡の鉄橋に寄り道して北斗星を撮影しました。今まで北斗星の撮影となると大宮以南でしかしたことなく(DD51牽引区間除く)、個人的にはローケーションの良い場所で北斗星を撮るのは念願でした。

練習電。211系5連。冬の朝日は色が柔らかくやはり綺麗です。(撮影地:東北線蒲須坂〜片岡間)
211_012


そして本番ですが、何故か後ろからも機関車の音が・・・こんな本数の少ない区間で裏被りとはある意味運がいいくらいでしょう。貨物は遅れていたようですので、定時なら被らなかったわけですが。これは納得いきませんので、またリベンジしたいところです。(撮影地:東北線蒲須坂〜片岡間)
EF81_048

※2010年1月9日撮影

正直裏被りぐらいなら少し画像をいじれば、消せないことはありませんが、それで満足するなら撮影する遠くまで行って撮影する意味はないでしょうね。ここは趣味ですから、考え方によるでしょうか。
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
最新コメント