クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

秩父サイクルトレイン

【西武】第4回「秩父サイクルトレイン」開催に伴う臨時列車3

11月15日、第4回「秩父サイクルトレイン」が開催するのに伴って、池袋〜西武秩父間で団体臨時列車が運転されました。車両は4000系4+4(編成は確認しわすれました)でした。ヘッドマーク(ステッカー)が掲出されましたが、過去のものとは異なった柄でした。

往路。いつも高麗カーブでワンパターンなので、東横瀬へ。しかしとんでもない朝モヤでした。通過時はなんとか電車自体は見える程度に。(撮影地:西武秩父線芦ヶ久保〜横瀬間)
4000_016

復路は西武秩父16時17分と冬のこの時期としては走行を撮るにはギリギリの時間帯。それでもやはり走行が撮りたかったので、再び東横瀬へ。50単でF2.2、ISO800…。これなら正面ドカンでもやれば、よかったと若干後悔しました。合間に撮った秩父鉄道の撮影記は後日公開します。(撮影地:西武秩父線芦ヶ久保〜横瀬間)
4000_019

※2009年11月15日撮影

参照
西武公式
11月15日(日)「秩父サイクルトレイン」開催

トラックバックを送信しています
保谷工臨の撮影日記さん
気まぐれに西武でもさん

第三回秩父サイクルトレイン開催3

11月16日(日)、第三回秩父サイクルトレインが開催されました。それに伴+って団体臨時列車「CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)号」が池袋〜西武秩父間の往復で運転されました。乗車可能な停車駅は池袋、練馬高野台、秋津、西武秩父でした。秩父サイクルトレインも今回で3回目とすっかりおなじみのイベントとなった印象です。なお使用車両は4000系8両編成で使用された編成は4017F+4011F?だった模様です。

生憎の天気ですが、大勢の方がサイクルトレインに乗車していました。(撮影地:西武池袋線秋津駅)
4000_001





メトロ10000系との出会い。
4000_002





今回は前回とは異なりステッカー型のヘッドマーク掲出でした。
HM_025





※2008年11月16日撮影

トラックバックを送信してます
でんしゃ観察レポートさん
西武人の鉄道記さん
セイブネットさん

第二回秩父サイクルトレイン開催4

昨年11月に開催された秩父サイクルトレインが好評だったために、第二回の秩父サイクルトレインが5月18日(日)に開催されました。それに伴って西武池袋・秩父線の池袋→西武秩父間で臨時列車「CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)号が運転されました。前回の時同様途中停車駅は練馬高野台と秋津のみだった模様です。ヘッドマークは前回と異なったものが掲出され、車両も前回の101系ではなく4000系8両編成が充当されました。秩父サイクルトレインのポスターを以前見ましたが、トイレ付き車両で運転とアピールされていました。前回開催でトイレの要望が多かったため、4000系が充当される運びとなったのかもしれません。

撮影は前回の秩父サイクルトレインの時同様に高麗カーブで。諸般の不手際により往路のみの撮影です。(撮影地:西武池袋線高麗〜武蔵横手間)
4009F+4013F_001






おまけ
西武新101系307F。
307F_001





西武4000系4+4の秩父鉄道直通快急。
4000_020





西武新101系235F+237Fの後撃ち。
235F+237F_007





※2008年5月18日撮影

関連記事
前回の秩父サイクルトレインの記事
秩父サイクルスポーツ号運転

参照
西武公式HP
「秩父サイクルトレイン開催」(PDF)

トラックバックを送信してます
でんしゃ観察レポートさん

秩父サイクルスポーツ号運転4

11月18日()に秩父サイクルトレインの開催に伴ってサイクルスポーツ号(CYCLE SPORTS号)が運転されました。秩父サイクルトレインとは都心部から自転車を持ち込むことができる臨時列車に乗車し、秩父でサイクルリングを楽しむというイベントでした。このサイクルスポーツ号は事前予約制だったため、純粋な臨時列車というより団体臨時列車(団臨)と言った方がしっくりくるかもしれません。運転区間は池袋〜西武秩父間の往復で、途中は秋津と練馬高野台のみ停車でした。

本当は送り込みから撮るつもりでしたが、例によって寝坊し本番すらギリギリという状態になってしまいました。撮影地に選んだのは西武池袋線の高麗〜武蔵横手間。所謂高麗カーブと言われている秩父路の中でも名高い有名撮影地です。当然有名撮影地にギリギリに来たので、先客はそれなりにいましたからベストポイントからは外れたところで撮影しました。架線柱がかなり気になりますが、そこはギリギリに来たツケなので仕方ありません。なお充当されたのは西武301系301Fでした。(858頃)
301F_001





その後301Fはどこへ行ったのかなと追いかけましたら、横瀬車両基地の端に301Fを発見。しかしこの時はHMは外れていました。
301F_002






復路は大半の区間で日没後になってしまうので、秋津でバルブすることに。しかし見事に撃沈。ホーム乗客の位置が悪く人が被り、加えて列車は数分遅れてくきて被られてまともな写真は撮れませんでした。人通りの多い時間帯なので、仕方なかったというしかありません。写真の左側は人が写りこんだところをトリミングしたのでカツカツです。一日の最後はほろ苦い結末でした。(1733分頃)
301F_003






トラックバックを送信してます
西武人の鉄道記さん
セイブネットさん
Kaz-T's blog レインボーラインさん
Musashino RM Blogさん
でんしゃ観察レポートさん
TOMOの鉄日誌さん
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
最新コメント