クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

甲種輸送

【西武】247FがE31重連牽引で小手指へ3

2月23日、多摩川線用ワンマン改造車の西武新101系247FがE34+E31の重連牽引により南入曽から小手指まで回送されました。247Fは出場時同様に白の単色塗装のままでした。今回の輸送は来月に予定されている甲種輸送に備えての輸送と思われます。

送りこみ重単。後ろ串右スカ。(撮影地:西武池袋線所沢〜西所沢間)
E34+E31_047


そして本番へ。影が出ないのはここだけであろうという判断で選択。激烈にピン甘で終わり。直前に誤ってピン動かしてしまったのが失敗。(撮影地:西武新宿線新所沢〜入曽間)
E34+E31+247F_001


本番より余程撮ってよかった国分寺線運用に就く243F+285F。243Fは池袋線から転属?してきた新101系のようです。
243F+285F_001

※2010年2月24日撮影

東武50000系51004F甲種輸送4

2月6日から8日かけて、東武50000系51004Fの甲種輸送が下松→新鶴見→大宮→熊谷タ→寄居の経路で行われました。牽引は新鶴見までがEF210-160号機でした。桃太郎の比較的新しい番号のカマの充当となりました。

今回は7日の浜名湖からの追っかけと、8日の秩父鉄道内の輸送を2日に渡って撮影に出掛けました。

ギリギリ順光にならない浜名湖。場所はいいのですが、光線の状態は難のある撮影地です。順光を求めるともっと西に行く必要があります。
かなりの強風で待ち時間が辛かったですが、甲種は強風の影響もなく無事通過。写真としては無難にまとまったと思います。
(撮影地:東海道線弁天島〜新居町間)
EF210_016


その後追っかけをして、カナキクの直線へ。数年前までは柵がなかったらしいのですが、柵ができたことによって魅力は減少。それでも山間を進む掛川から静岡手前にかけての貴重な撮影地には変わりないでしょう。
後ろのパンタが串ってますが、丁度カマの裏側らへんに箱がありこれを隠そうとしたら・・・もう少し引いた方が良かったのかもしれません。(撮影地:東海道線金谷〜菊川間)
EF210_017


更に追っかけ興津の鉄橋へ。側面薄く日が回るかなあと思ったのですが、そんなことはなくド逆光。ホワイトバランスを日陰にして、夕方っぽく。(撮影地:東海道線興津〜由比間)
EF210_018



翌8日は秩父鉄道線内の輸送を撮影。熊谷タ→寄居間はデキ505が牽引しました。

寄居手前の有名撮影地へ。意外に背景もうるさく、障害物も多いのでどう処理しようか悩みに悩みました。結局50単(75mm相当)で撮影。天候に恵まれたのは幸運でした。(撮影地:秩父鉄道本線桜沢〜寄居間)
deki505_001

※2010年2月7日、8日撮影

秩父鉄道7500系7501F甲種輸送3

1月20日、元東急大井町線用の東急8090系である秩父鉄道7500系7501Fの甲種輸送が長津田→八王子→熊谷タの経路で行われました。八王子までがDE10-1189号機、八王子から先がEF64-1010号機でどちらも更新機の登板となりました。

今回はEL区間である八王子駅でのバルブのみの撮影予定だったのですが、八王子が予想以上撮影しずらく納得が行かなかったので、八王子で撮影後上尾まで行って参りました。

上尾ではまずまず綺麗に撮れたと思います。秩父鉄道の帯色があまり目立たないのが少し残念です。(撮影地:高崎線上尾駅)
EF64_075

八王子で撮影した甲種輸送される秩父7500系を一通り撮影。詳しいことはわかりませんので、説明は省略させて頂きます。
titibu7000_003

逆側。
titibu7500_001

※2010年1月19日撮影

トラックバックを送信しています
TOMOの鉄日誌さん

新秋津のクモヤ143-18が廃車に伴い甲種輸送される4

1月15日、新秋津に留置されていたクモヤ143-18が廃車に伴い、長野総合車両センターまで甲種輸送されました。牽引機はEF64-1010(貨物機)で次位にゆうマニ(マニ50-2186)が連結されました。推測になってしまいますが、配給ではなく甲種輸送扱いになったのは既に車籍のない車両の輸送だからでしょうか。

順光を求めて鳥沢鉄橋へ。こう見るとクモヤの色褪せはかなり酷いようです。(撮影地:中央線鳥沢〜猿橋間)
EF64_074

※2010年1月15日撮影

新秋津のクモヤと言えば、西武甲種の時に必ずお目にかかる車両でしたので、過去に撮影した写真を数点。なお現在は代わりにクモヤ145-118が新秋津には留置されています。

2047Fの入場甲種時の写真。E31のとの並びは大量に写真があるのですが、単発で撮影した写真があまり見つからず。(2007.12.12)
143_001

こちらは今はなき105系訓練車と連結していた時の車両。今は訓練車も209系に置き換わっていますので、新秋津の留置車両も一年程で顔ぶれが一変。(2008.10.15)
143_002


まだ写真はあると思うのですが、一体いつ撮影したかわからなくなってしまったので、良さそうな写真がありましたらまた追加で掲載する予定です。

会津鉄道新型トロッコ甲種輸送4

新潟遠征のもう一つの記事です。本来クリスマストレイン以外特に狙いがあったわけではなかったのですが、偶然会津鉄道の甲種と日にちがかぶったので、有り難く掛け持ちする運びとなりました。

12月20日、会津鉄道の新型トロッコ車両AT-351が新潟トランシスから出場し、黒山〜新潟タ〜会津若松間で甲種輸送されました。牽引機は黒山〜新潟タがDE10-3501号機、新潟タ〜会津若松間がDD51-757号機でした。

クリスマストレインの前座として大形付近で撮影しました。本当は線路にもう少し寄るべきなのでしょうが、雪に阻まれて断念。(撮影地:白新線大形〜新崎間)
DE10_025

今度はクリスマストレインの往路と復路の時間差を利用して磐越西線内で2発目。こちらも雪に阻まれて、撮影地に辿り着くまで一苦労でした。新雪ということもあり、うっかり雪の積もっているところに足を入れると底なし沼のようになっていて大変でした。(撮影地:磐越西線徳沢〜上野尻間)
DD51_022

後撃ち。動物のデザインが可愛らしいトロッコ車両でした。
DD51_023

※2009年12月20日撮影

JR東日本に新型機関車 EF510-501甲種輸送3

更新する記事が溜まっていますが、とりあえず順を追って更新したいと思います。

12月18日から19日にかけて川崎重工で製造されたEF510-501号機が兵庫→新鶴見→田端操(武蔵野線周り)で甲種輸送されました。牽引は吹田からは田端操までEF65-1080号機で、相模貨物まではヨも連結されました。

EF510は「北斗星」や「カシオペア」の牽引機として新造され、現在のEF81を置き換える予定です。塗装は青地に金帯とJR北海道のDD51に似たような配色となっています。EF510は既にレッドサンダーとしてJR貨物で活躍しており、今回のJR東日本の機体には500番台が振られております。塗装を除くとかなり見た目は似通っている印象を受けました。

順光を求めて、朝の茅ヶ崎へ。撮影地は日陰だったので待機している間が寒くて、なかなか堪えました。本番は遅切りして串パン…(撮影地:東海道線茅ヶ崎〜平塚間)
EF65_080

茅ヶ崎のあとは追っかけをして、金町の江戸川河川敷へ。ここは30人は優に人が集まっており、激パの様相でした。切り位置を間違いました。EF81より車体が短いのをしっかり考慮できなかったのが敗因でした。どれもこれもイマイチな写真なのが心残りです。(撮影地:常磐線金町〜松戸間)
EF65_081

折角なので側面強調でもう1枚。
EF510_002


510甲種の後1時間程残って、安中貨物を撮りました。北斗星牽引機でも運用に入ることのある安中貨物ですが、この貨物列車にも東の510が牽引する日がやってくるのでしょうか。串った甲種の写真を見てみると65と81の車体差やパンタの位置の違いがよくわかります。(撮影地:常磐線金町〜松戸間)
EF81_042

※2009年12月19日撮影

トラックバックを送信しています
マエストロの鉄道模型と鉄道紀行さん

西武2000系2077F東急出場甲種輸送3

12月15日。東急車輛にて改造されていた西武新2000系2077Fが出場し、逗子〜新鶴見〜新秋津〜小手指〜南入曽の経路で甲種輸送されました。新鶴見からはEF65-1079、西武区間はE34+E31の重連牽引でした。

重単送り込みは狭山ヶ丘付近で。若干早切りですが、正直今回の甲種でまともな画像はこれ一枚。(撮影地:西武池袋線狭山ヶ丘〜武蔵藤沢間)
E34+E31_046


多摩川は線路に寄ったら貧アングル極まりなかったです。日も出なかったので、少し大げさなホワイトバランスであえて撮影してみました。牽引は1079で原色赤プレ。(撮影地:武蔵野線梶が谷タ〜府中本町間)
EF65_079


所沢の小手指行きは失敗し、下りもピンを大きく外して終了。というより合わせ忘れなんですが…毎回のごとく慌ただしい+人が大勢いて位置が微妙だとほぼ100%の確率で失敗します・・・一応南入曽行きがだけ超絶補正をかけて掲載。(撮影地:西武新宿線所沢駅)
E34+E31+2077F_001

※2009年12月15日撮影

トラックバックを送信しています
小平中央駅・業務日誌さん
Fujickeyの鉄道観察ルポ さん

西武30000系38107F甲種輸送(29日分)4

11月29日、27日から29日かけて行われた西武30000系38107Fの甲種輸送のうち、横浜羽沢〜新秋津〜小手指間が運転されました。横浜羽沢〜新秋津間はEF65-1069、新秋津〜小手指の西武線区間はE34+E31の重連牽引でした。27、28日分はこちら

予想は下り坂でしたが朝の時点では晴れ、結局どこで撮ろうか悩み悩んだ挙句の果てに、順光になる小手指手前のストレートにしました。前回と同じアングルも面白くない上に、正直前日の疲れが抜けておらず最初に様子を見た撮影地から動きたくなくなってしまったというのも理由の一つでした。

送り込みの重単をまずは撮影。疲れからか、どうも構図が作れず、酷い写真に…。E31+E34→飯能でした。(撮影地:西武池袋線西所沢〜小手指間)
E34+E31_043


JR区間も合間に撮影に行きました。原色赤プレートのPF1069号機が牽引でした。EF65牽引の甲種自体が少なくなってきている昨今としては、大変ラッキーな充当でした。(撮影地:武蔵野線北府中駅)
EF65_078


そして西武線内の輸送です。結局曇ってしまったのですが、背景が白飛びすることもなかったので、思ったよりはまともな写真になったと自分としては思っています。珍しく?パンタは、◇_ _ ◇のでした。おかげでパンタが串ることもなかったのも、良かったです。(撮影地:西武池袋線西所沢〜小手指間)
E34+E31+38107F_002


E34+E31の返却回送は日没後なのですべてバルブ撮影。しかし、昨日のレンズ故障によって、バルブ使えそうなレンズで手持ちにあるのは35単と50単のみ、その上35単はヘッドライトを浴びると虹色のフレアが出て気持ち悪いため、実質的には50単一本で撮りました。お陰で色々と構図に苦慮しました。

まずは所沢。30分ほど停車していたのでゆっくり撮影。(撮影地:西武池袋線所沢駅)
E34+E31_044

仏子では停止位置が良かったお陰で、前から撮ることができました。この後飯能駅も行きましたが、微妙な写真だったので省略。(撮影地:西武池袋線仏子駅)
E34+E31_045

※2009年11月29日撮影

長い長い38107Fの甲種輸送の追っかけもこれにて終了となりました。

トラックバックを送信しています
小平中央駅・業務日誌さん
気まぐれに西武でもさん
保谷工臨の撮影日記さん
Rapid Expressさん
でんしゃ観察レポートさん

西武30000系38107F甲種輸送(27、28日分)3

11月27日、下松〜吹田(信)、28日に吹田(信)〜横浜羽沢間で西武30000系38107Fの甲種輸送が行われました。翌28日に横浜羽沢から先と西武線内がの輸送が行われる予定です。牽引機は下松〜横浜羽沢間はEF200-6号機でした。

今回は27日の東加古川から追っかけをしました。ただし途中で18-200mmのレンズが途中からMFでもAFでもピントが合わなくなる状態になってしまったため、お見せできる写真は両日1撮影地ずつということでご勘弁ください。

27日の東加古川。30000系甲種をJR線内でバルブすることが一つの目標でしたので、一応達成はしました。この頃からレンズのピントが変ですが許容範囲なので掲載しておきます。(撮影地:山陽本線東加古川駅)
EF200_002

38107F側も撮影。(撮影地:山陽線東加古川駅)
38107F_001


28日分です。タイガーが気になるうえ、影が抜け切れてませんが…。(撮影地:東海道線三河大塚〜愛知御津間)
EF200_003

みかんと絡めて。(撮影地:東海道線三河大塚〜愛知御津間)
38107F_002

MSE甲種を東海地区で撮る4

30000系甲種を撮るために東海地区に少しばかり遠征しましたが、前日金曜日も空いていたため、とんぼ帰りも勿体ないと思い一泊して東海地区の鉄道いつくか撮りましたので、順に紹介していきたいと思います。

まずは小田急60000系MSE甲種です。10月30日に豊川〜豊橋〜松田間で小田急60000形MSEの甲種輸送が行われました。牽引機は西浜松までDE10-1725号機で、更新機が任に就きました。西浜松より東は夜間走行のため、豊川発着の小田急甲種の日中走行写真を撮る場合東海地方で撮る必要があります。折角良いチャンスなので、この甲種輸送も撮影することとしました。

日本車輛の専用線付近からでてくるMSE甲種。(撮影地:日本車輛専用線付近)
DE10_019

後ろ側。ブルーリボン賞のステッカーが貼ってありました。
odakyuu60000_001

この後は浜名湖へ。雲もなく、良い撮影条件でした。(撮影地:東海道本線弁天島〜新居町間)
DE10_024

※2009年10月30日撮影
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント