クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

松浦鉄道

松浦鉄道MR100形さよなら運転

3月25日(日)、松浦鉄道のMR-100形が全廃されるのに伴いさよなら運転が行われました。
さよなら運転は佐世保→たびら平戸口→佐世保と伊万里→たびら平戸口→伊万里の2本が走りました。
佐世保発着列車が2両、伊万里発着列車が1両で走り、たびら平戸口で3両が勢ぞろいとなりました。

佐世保への送り込み回送は寝坊して撮れず・・・・

2両の佐世保発着列車を狙います。
まずは相浦の鉄橋の定番スポットで。概ね晴れてはいたのですが、通過直前に曇り終了。(撮影地:松浦鉄道西九州線相浦〜大学)
MR100_001


午前中の伊万里行きは殆ど逆光。日も高いので思い切ってド逆光で撮ってみました。なんとなく寂しげな写真です。
(撮影地:松浦鉄道西九州線すえたちばな〜西田平)
MR100_002

手前でもう一枚
MR100_003


たびら平戸口で3両が顔を合わせます。たびら平戸口では松浦鉄道としてはかなりの人の量。それでも急行平戸の時を思えば半分以下でしょう。でもそれでいいのかもしれません。
MR100_004


2両がそのまま伊万里まで行くと勘違いをしており、松浦発電所前の発電所バックで。(撮影地:松浦鉄道西九州線御厨〜松浦発電所前)
MR100_007


やっぱりイベントらしい昼間の2両が撮りたくて、回送狙いで佐世保市街地へ戻ることに。松浦からは峠を突っ切ればかなりショートカットできるので、意外と余裕で間に合います。

相浦手前の跨道橋から。最後は正面でドカンとさよなら運転を〆ます。幕は臨時のままでした。(撮影地:松浦鉄道西九州線大学〜相浦)
MR100_008


ちなみにヘッドマークは2種類。
MR100_006


MR100_005


最後に佐々車庫の様子を少し。
MR100_009


MR100_010


開業以来松浦鉄道を支えたMR-100形がこれで全廃。殆どがMR-600形となり、新形式に置き換えられました。MR100形は車齢20〜24年程度で引退。軽快気動車の初期の車両になりますが、かなり寿命が短かったように感じます。しかしミャンマーへ譲渡されているようで、これで廃車とはならないようです。

折角縁あって近くに住んでいたにも関わらず、ろくな写真が殆どないのがやや心残りです。

松浦鉄道MR-600形甲種輸送

多忙につき、長らく更新が滞っていましたが、久々に更新です。

12月9から11日にかけて松浦鉄道のMR-600形の3両が豊川から佐世保、そして松浦鉄道の佐々まで輸送されました。3両の車番はMR-617+MR-618+MR-619で、MR-600形でははじめて赤系統の塗装が採用されました。

11日の佐世保駅にて甲種輸送を少々バルブしてみました。

牽引はDE10-1614号機で更新機。検査明けのカマだったようで、荷物同様綺麗で編成美としては良いかんじでした。
DE10_030

後ろから。MR-600形は今まで黒か青系の塗装がされていましたが、今回の3両は赤色の塗装です。
DE10_031


松浦鉄道佐々までDE10牽引で入線するのですが、これを見送って帰宅しました。機会があれば、松浦鉄道線内も撮影してみたいところです。

復活!急行「平戸」が長崎を疾走5

8月7日、キハ58・65国鉄色を使用した団体臨時列車急行「平戸」が運転されました。経路は長崎〜諌早〜佐世保〜たびら平戸口〜伊万里〜有田〜武雄温泉でした。同日に、運転終了後早岐まで回送され、翌8日に早岐から大分まで返却されました。

8月27日・28日のさよなら運転前最後のリバイバル列車に加えて近場を走る団臨ということもあり、張り切って撮影に出掛けました。

最初の撮影に選んだのは長崎本線の旧線、東園駅付近。一体が著名な撮影地とあって、至るところに撮影者がたくさん。晴れれば完全順光でしたが、残念ながら薄晴れでイマイチ。(撮影地:長崎線大草〜東園)
kiha58_007


その後高速道路を利用して追っかけ。大村線内の千綿駅付近。本来は松原〜千綿に行きたかったのですが、間に合うかギリギリのところだったので、余裕を持って千綿発車に。半逆光ですが、かぶりついてみました。(撮影地:大村線千綿〜彼杵)
kiha58_008


その後は国道205号線をひたすら北上、途中で追い抜けると思ったのですが、お盆の入りということもありかなりの混雑。追い抜くどころか突き放される始末。佐世保市街の西九州道も大渋滞だったので、潔く一気に松浦鉄道線内へ。

前々から目をつけていた相浦川の鉄橋へ。ここでは完全順光で撮れました。会った方の中には関東から遠征されている方も多数いらっしゃいました。(撮影地:松浦鉄道西九州線大学〜相浦)
kiha58_009


その後松浦鉄道と平行する国道を敢えて避けていのつき駅まで先行し撮影したりするもイマイチでしたので写真割愛。その後はたびら平戸口駅へ。イベント会場ということで、1時間あまり停車していました。

下の写真は思い切り線路内ですが、列車接近時を除いて構内立ち入りが公認されていましたので、有り難く甘えて撮影。
kiha58_010


平戸のヘッドマークは平戸大橋が描かれたデザインです。
HM_039


普段は閑散としているたびら平戸口も物凄い賑わいでした。ですが、全体的に和やかでした。車移動で一銭も鉄道にお金を落とさないのもどうかと思い、記念グッズ等を購入。
kiha58_011


その後は更に追っかけ。松浦手前の鉄橋では思い切り曇られ大撃沈。写真は最悪なので割愛。

伊万里手前でもう一回撮れそうだったので長い鉄橋で一発。側面薄いながらもまずまずといったところでしょうか。(撮影地:松浦鉄道西九州線東山代〜伊万里)
kiha58_012


その後も夫婦石付近、有田では回送を撮りましたが、曇ったり、影に沈んだりと散々でした。ですが、全体的には楽しく撮影でき、企画に携わった方へ感謝したいところです。


翌8日、早岐〜大分間の回送は夕方。撮影できるのは精々佐賀以西、ということで三河内のカーブ一発に絞りました。直前まで大きな雲に覆われていたのですが、ギリギリ晴れてくれました。(撮影地:佐世保線有田〜三河内)
kiha58_013


これにて急行「平戸」のリバイバル運転は終了。キハ58国鉄色最後の長崎入りも終わりを告げました。
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント