クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

日豊本線

485系臨時にちりんが走る

だいぶ時期が経ってしまいましたが、今更GWの時の撮影です。

大分に残る485系の国鉄色が久々にGWの多客臨へ投入され、臨時にちりんとしてGW期間中運用されました。終焉が近いと予測されることもあってか、日豊線界隈は遠征の鉄も含めて大賑わい。特に関西からの遠征組が非常に多かったように思えます。

全体的にイマイチな天気が多かった九州のGWですが、5月5日は1日晴れて撮影日和。そうはいっても黄砂の影響もこの時期はあるため、ヌケは非常に悪かったと記憶しています。

9043M。側面が若干薄いのもありますが、日が高いというのもあり順光ながらいまいちパッとせず。国道の車もうつりこんでしまいました。(撮影地:日豊本線立石〜中山香)
DSC_0165


9050M。。臨時ソニックを撮っていたら、移動時間がなくなってしまい仕方なく折り返しは反対側で適当に撮りました。(撮影地:日豊本線立石〜中山香)
DSC_0180


最後に9051M。エロ光なのは申し分の無いのですが、タイフォンがぶっ壊れているのがなんとも。でもこのレベルなら個人的には満足でした。(撮影地:日豊本線大神〜日出)
DSC_0193


あと何回九州の485系を撮るチャンスがあるでしょうか。大分は佐世保からだとかなり遠いので、気軽には行けないのですが、可能な限り撮影したいところです。

メタリックブルーの883系ソニック3

883系は主として博多〜小倉〜大分を結ぶL特急「ソニック」に使用される車両です。元々は前頭部のみマリンブルーの塗装でしたが(前面のパネルによって色々な色違いが存在)、後にリニューアルされた際に現在のメタリックブルーの塗装に改められています。ソニックは慢性的な混雑が続いていたためそれを解消するべく、今年に入って885系に準じた中間車を新造しました。これにより5両編成は7両編成に増強されました。

中間車にアルミ車の新造車を挟んだ編成。編成美はなくなってしまいましたが、面白い編成といえます。アルミ車とステンレス車が混在というのもあまり例がない気がします。(撮影地:鹿児島本線折尾〜水巻間)
883_001





こちらは登場時から7両編成だったものです。(撮影地:鹿児島本線東福間〜東郷間)
883_002





特急ソニックは小倉では一度スイッチバックを行います。(撮影地:日豊本線西小倉駅)
883_004





※2008年8月26日撮影

日豊本線を走る寝台特急富士【ED76】4

ようやく遠征記も九州編です。

九州島内に来たからには撮りたかったのは富士・はやぶさそれぞれの単独列車での姿です。結局遠征中は大雨などに祟られて、運休の連発で撮れる機会は殆どありませんでした。結局上り営業列車は3日間で一日も見ることのできないというのは、長距離列車の脆さを感じました。

一見下り営業列車ですが、打ち切りにあった列車の回送です。ですが本来のダイヤでヘッドマークを付けたままやってきました。この列車8月24日発の列車で、撮ったのは26日なので一日遅れの列車です…(撮影地:日豊本線中津駅)
ED79_001





上り列車。これは定時で営業運転していました。小倉駅でバルブ。(撮影地:日豊本線小倉駅)
ED79_002





※2008年8月26日撮影
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント