クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

快速急行

「渋谷つながる」5社相互直通運転開始

3月16日(土)、東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が開始され、西武池袋線、東武東上線、東急東横線、東京メトロ副都心線、横浜高速鉄道みなとみらい線と5社に跨る相互直通運転が開始されました。飯能〜元町中華街や森林公園〜元町中華街といった、かなり長い直通運転となります。それに伴い、東横線の渋谷駅は地上ホームでの営業は終了し、地下5階へ移転。各路線ともに渋谷行き等は大幅に削減され、運転系統も大きく変化しました。特に、西武池袋線では新たに練馬停車の快速急行が設定され、飯能〜元町中華街間で運転されます。

記念すべきダイヤ改正初日、数時間ほど撮影して参りました。また、飯能9時10分発の快速急行元町中華街行きはは飯能で記念式典を、行いヘッドマーク付きで運転されました。

撮影順に列挙。撮影地はすべて西武池袋線秋津〜所沢間。

メトロ7000系の元町中華街行き。
DSC_3813


ヘッドマーク付き、かつ出発式を務めたのは西武60006系6158F。欲を言えば、もう少し見やすく、絵の多いデザインのヘッドマークがよかったですが、記念すべき列車となりました。快速急行元町中華街は新時代の到来を感じます。
DSC_3824


もちろん東急車も乗り入れて参ります。
DSC_3866


この日は野球ダイヤの影響か、なんとひばりヶ丘始発の快速急行小手指という珍列車が運転。運番表記がありません。
DSC_3927


快速西武球場前行き。こちらは野球臨のようでした。
DSC_3933


ヘッドマークが帰ってきました。
DSC_39572


とうとうやってきた5社相互直通運転。新しい時代の開幕と言えるでしょう。

東横線相互直通運転前夜 訴僂錣訝疉祺急〜

3月16日のダイヤ改正について、各社から詳しいダイヤが出揃いつつありますが、西武鉄道の時刻表をネットで眺めていると、西武秩父行きの快急が消滅、上りの快急も秩父鉄道直通列車は急行に格下げ、土日朝の4000系快急が急行に格下げということが判明。趣味的にはなかなか撮るべきものはまだあったなと思わせるダイヤでした。

上りに関しては1本だけ西武秩父発の快急池袋行きが残っていますが、これが4000系とは限りませんし、現行ダイヤも西武秩父発は4000系ではありませんので、私は4000系以外が濃厚と予想しています。
もし予想が当たれば、4000系の快急池袋行きは定期では消滅になります。

平日ダイヤの記憶は仕事の都合上叶いそうにありませんので、せめて土日のダイヤだけでもと思い、3月2日はここを狙いました。

夕方の4000系快急池袋行き。冬の中村橋の反逆光はまた、それはそれで美しい赤色が出ます。(撮影地:西武池袋線中村橋駅)
DSC_3712-2


快速渋谷行きも撮りましたが、ここではさすがにLEDを止めることはできません。流す気力もなく。(撮影地:西武池袋線中村橋駅)
DSC_3710


翌日3月3日には同じく中村橋で朝の快急を撮影。この時期ですとどうしても影が抜けませんが、記録です。(撮影地:西武池袋線中村橋駅)
DSC_3713


以下は以前撮った写真ですが、西武秩父行きの快急も消えます。こちらはさすがに結構ストックがありましたので、いつくか自分の記録の振り返りを兼ねて掲載。新幕になった後、かつ101系以外でピックアップ。
DSC_4500

DSC_5960


秩父方面への輸送も地下鉄からの快急と接続する形を取るなど、相互直通運転の影響を受けたダイヤ構成になるようです。ゆくゆくは元町・中華街から西武秩父行きなんて見れると嬉しいものです。

※3月3日に追記

【西武】新宿線に101系快急走る4

1月14日、西武新宿線の昼間時に、新101系10連が快速急行運用に就きました。通常新宿線において快速急行にはなく、日中に限れば代走はそう多くないはずですので、それなりに珍しい光景かと思います。編成は←新宿 309F+285Fでした。

日中は快速急行でループし続ける運用が2運用ありますが、そのうち1つに充当されました。1605〜1604〜1609〜1606〜1613〜1610〜1617と流れたと思われます。

この代走に気づいたのは14時頃。結局光線の悪い時間帯の一往復のみの撮影でした。一応側面はほぼ影らず当たる柳沢へ。(撮影地:西武新宿線西武柳沢〜田無間 1610レ)
309F+285F_001


折り返しは露出を厳しいのは承知である程度ひらけている感じのある花小金井Sカーブ直前の踏切へ。面だけは日が当たるかと思ったんだですが、切り位置が丁度影っていて撃沈のパターンでした。直前の列車20000系20155F。(撮影地:西武新宿線花小金井〜小平間 5629レ)
20155F_005

現地に訪れたことがある方はわかるかと思いますが、背後に昭和病院があります。この窓ガラスに日が反射し、丁度快急通過時に面にわずかながら光が当たってくれました。これは幸運でした。シャターを切る瞬間まで分からないものですね〜妙な光線なのは反射光だからです。(撮影地:西武新宿線花小金井〜小平間 1617レ)
309F+285F_002

奇妙な反射光を利用してその後も数枚撮影しました。20000系20155F。(撮影地:西武新宿線花小金井〜小平間 5333レ)
20153F_006

この反射光が当たっていたのはこの3枚。10分程度の間だけでした。新2000系4連+旧2000系幕車6連。(撮影地:西武新宿線花小金井〜小平間 2649レ)
2000_025

最後に3色LEDのまま復帰した2077F。復帰後初撮影でした。大規模な更新工事を受けた新2000系はその後全てフルカラーLEDになっているだけに注目されるところです。露出がなかったので1/125流し。(撮影地:西武新宿線花小金井〜小平間 5631レ)
2077F_002

※2010年1月14日撮影

西武新宿線の快速急行に101系充当4

4月20日、西武新宿線の快速急行に新101系が充当されました。編成は新宿寄りから295F+251F+253Fでした。昨年6月14日のダイヤ改正以降、西武新宿線の快速急行に新101系は通常充当されません。現在のダイヤになって以来私の知る限りでは代走でも新101系が快速急行に充当にされたこと記憶になく、かなりイレギュラーなケースと思われます。

本来は10両固定編成の運用を101系が代走。(撮影地:西武新宿線武蔵関〜東伏見間・1617レ)
295F+251F+253F_001








※2009年4月20日撮影

なお現在メイン機のD90が故障しているため、4月20日撮影分以降D80で撮影しております。

ダイヤ改正シリーズ★10 西武新宿線快急ループ運用の変化3

西武新宿線の快急運用から101系運用が消滅し、今回のダイヤ改正で2000系4+6と10両固定編成(20000系10両編成or6000系)の2編成が往復する運用体系となりました。1年数ヶ月間見られた新宿線の101系快急運用は終焉を迎えました。なお10時台下りに一本快急が新設されているので、列番が前ダイヤと若干ずれがあります。なお朝に快急でループしない例外的な快急が下りに二本ありますが、こちらは調査中です。(但し101系ではありません)

2000系4+6の快急運用。通常4連が新宿側に来ます。1602レ→1607レ→1606レ→1611レ→1610レ→1615レという順序で運用が回るようです。写真は1610レ。(撮影地:西武新宿線新所沢〜入曽間)
2501F+2029F_001






10両固定編成の快急運用。この日は西武20000系20104Fが担当。1605レ→1604レ→1609レ→1608レ→1613レ→1612レ→1617レという順序で運用が回るようです。写真は1609レ。(撮影地:西武新宿線新所沢〜入曽間)
20103F_001





※2008年6月16日撮影

関連記事
ダイヤ改正シリーズ★4 どうなる西武101系快急運用

ダイヤ改正シリーズ★4 どうなる西武101系快急運用5

ダイヤ改正とは直接関係があるかはなんとも言えないことでありますが、西武新101系快急運用がダイヤ改正でどう変化するかには(私が勝手にですが)大変注目しています。

特に西武新宿線の101系快急運用は現行ダイヤで現れたもので、そのまま残る可能性もありますが、改正で消滅してもなんら不思議はありません。(快速急行川越号登場以後に現行ダイヤ以外で101系快急が定期運用で存在した時期はあるのかは不明)

新幕になった西武新101系。編成は311F+281F。(撮影地:西武新宿線新所沢駅)
311F+281F_004





新幕での新宿線快急はダイヤ改正後でも見られるでしょうか。(撮影地:西武新宿線所沢〜航空公園間)
311F+281F_005






西武池袋線の方は大きくわけて平日の10両3ドアでの快急と休日の8両3ドアの西武秩父行きの快急の2パターンと言えます。前者は改正でどうなるか不明ですが、後者は西武秩父線内に入線するので101系で堅持される可能性が高そうです。池袋線の方はダイヤ改正で云々というより30000系投入での動きの中で見た方が適切かもしれません。

平日の10両3ドア運用で存在する西武101系の快急。ダイヤ改正でどうなるのかは不透明でしょうか。(撮影地:西武池袋線保谷〜ひばりヶ丘間)
101N_015





休日の西武秩父行きの快速急行。西武新101系4+4の247F+241。こちらはもうしばらくは見られそうです。(撮影地:西武池袋線西所沢〜小手指間)
247F+241F_001





※2008年2月15日・6月9日・6月11日撮影

西武新宿線快速急行離合を撮る(2)5

西武新宿線の快速急行離合を11月上旬に撮って以来駅からそこそこ距離のある離合ポイントである花小金井S字カーブが億劫で全く離合にチャレンジしていませんでした。しかしここに来て馴染みあるそして自分のハンドルネームに快急と入れた理由でもある程好きな配色であった青と赤の特徴的な幕が、新幕へ交換されつつあります。近々この青と赤の快速急行も見られなくなってしまうのではと思い立って、離合に再びチャレンジすることにしました。

この2000系快速急行幕が見られるのもあと僅か?
rapidexp_002






4月14日・4月15日と2日連続で挑戦しましたが、敢えなく失敗。時刻表では離合する時間帯は同じ通過時間に思えますが、11時台と15時台は微妙ながら離合ポイントがずれるケースが多く、一瞬のタイミングが勝負の離合の難しさを痛感。2000系はLED車も多いので毎日チャンスがあるわけでもなく(新宿側はほぼ100%幕ですが)、運用にも左右されるのも難しさに拍車をかけています。

2日連続で失敗してかなり落ち込んでいましたが、急速に新幕に変わっていることからチャンスはそう多くないと悟り、16日も懲りずに快急離合の撮影に挑戦。時間の制約から12時(1606レと1607レの離合)一発勝負でした。

まずは1607レの313F+295Fの快速急行が花小金井S字カーブを先に通過し速度をあげていきます。だいたい構えていた場所前後で離合すると思っていたので、今日も失敗かと思いつつも早く1606レの2000系快急よ来いと祈りつつカメラを101系の後ろを見ながらカメラを構え…どんどん遠くなっていく101系の快急、そして50km制限を抜けて加速し始めた時カーブに2000系快急が差し掛かってくるのが見えました。なんとか間に合ってくれと思いつつズームを一杯使い…
313F+295F_004






必死にシャッターを切った時にギリギリセーフという感じで、101系と2000系の快急は並んでくれました。しかも前回撮れなかった両方幕という組み合わせです。かなりトリミングを大がかりにしてますし、この写真の画質には到底満足できるものではありませんが、一応の記録になっただけでも良かったです。新幕になるまでは2000系快急を心ゆくまで撮るつもりです。
rapidexp_001





※2008年4月16日撮影

西武101系快急と桜3

3月28日に30000系乗務員訓練を撮った際に、101系快速急行と桜の組み合わせは意識にして撮りました。新宿線の快速急行にここまで新宿線所属車はそれ程多くない新101系が使用されているのははっきり言って奇跡的のようなことだと常々思ってます。次回ダイヤ改正でこの101系が快速急行でループする運用は、残るか分からないのでこのカットだけはどうにかして撮りたく、30000系乗務員訓練に増して気合いの入った撮影でした。撮影地は全て西武新宿武蔵関〜東伏見間。

今回の写真は曇天時の写真ということ+曇天の桜をいかに強調するかを考えてマゼンタ補正をかけてみました。稚拙な画像加工ですが、私の画像加工技術ではこの程度が限界でした。

露出がなくなってしまったので思い切って流した写真。切り位置を間違えてます。(1611レ)
285F_002





定番のアングルでも撮影。(1615レ)
101N_013





※2008年3月28日撮影

気合い入った撮影とか書いておきながらも満足いく写真に個人的にはならず。忙しい時期のため、もう一回チャンスがあるかないかですがどうにかしてリベンジしたいところです。

西武新宿線快速急行離合を撮る(1)3

某鉄道雑誌の急行能登の離合を撮った連載記事に触発されて西武新宿線の快速急行の離合の撮影に唐突にもチャレンジしたくなりました。HNにも快急を入れているぐらいですから快速急行自体は好きな種別ですし、幕の赤い急行の中に青い快速が描かれている快速急行は西武らしさが現れていて特に好みです。快速急行自体は速達種別ですので、それほど量は走ってないので離合を収めようとするとそれなりに難しいものがあります。

西武新宿線では平日日中の快急は2編成がそれぞれ交互に折り返しを運転します。一編成は基本的には101系の10両編成、基本的には301系+101系2連です。もうひとつは2000系の10両編成で、こちら通常2000系の4+6です。(特に101系の快急は大好きなので頻繁に撮影しているのは過去ログの通りです)
313F+281F_0032000N_036






西武新宿線に日中1時間に一本走っている快急はよく利用しているので、だいたい離合する位置は花小金井〜小平間のS字カーブ付近で離合するのはだいたい日頃の観察で分かっていまいした。11月8日(6116Fの試運転があった時)についでにこの離合の撮影にも挑戦してみようと思い花小金井〜小平間のS字カーブの有名撮影地へ。

一応だいたい読み通りS字カーブで離合してくれましたが、若干下りのタイミングが遅い感じの写真となりました。やはりそう簡単にはいきませんね。上りが1612レ、下りが1613レ。この日の2000系はLED編成でLEDが切れてしまいましたが、101系の方の快急は白幕編成でした。この快速急行離合の撮影については定期的にチャレンジしていきたいと思います。
kaikyuu_004





※離合の写真は11月8日撮影

新所沢駅乗務員支所新築工事進む3

今日は久しぶり定点観察をしてみました。時間もなかったので、101系の快急のみを撮りました。313F+283F。(1604レ)
313F+283F_001





この後後撃ちして気づいたのですが、新所沢駅の乗務員支所の建設がかなり進んでいることに気づきました。写真はかなり傾いてますが、気にしないでください(汗)
313F+283F_002





階段や線路を跨ぐ通路の部分に仕切のようなものが作られたようです。どの段階で完成になるのかイマイチ掴めませんが、なんとなくそれらしくなってきたのではないでしょうか。
313F+283F_003





※11月14日撮影

関連記事
新所沢駅本川越寄りに階段出現
西武鉄道観察:10月3週〜5週
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
最新コメント