クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

廃車

京浜東北線209系ウラ76編成廃車配給4

9月2日に京浜東北線209系ウラ76編成が東大宮から長野総合車両センターまで配給輸送されました。ここのところ比較的若い編成が長野に配給輸送されていますが、噂されている転用のためでしょう。そのため編成ごとの廃車ではないと思われます。

多摩川橋梁から。直前に曇って最悪の写真になってしまいました…。(撮影地:中央線立川〜日野間)
EF64_044





今回は高尾以遠まで足を伸ばしてもう一回。(撮影地:中央線上野原〜四方津間)
EF64_045





※2008年9月2日撮影

24系廃車回送【0807】3

8月7日、尾久車両センターに所属していた24系寝台車9両が尾久→東大宮→長野総合車両センターの経路で廃車のために配給輸送されました。先月に引き続いて余剰の寝台車が廃車回送となりました。牽引機はEF64-39でした。今回の配給にはオハネだけでなく、オハネフも連結されていました。なお最後尾のオハネフの幕は抜き取られており、哀愁を感じるものでした。(撮影地:東北線大宮駅)

時間の都合上大宮でしか撮影することが不可能だったこともあって褒められた写真ではありません。見た目はブルートレインさながらの貫禄有る編成です。
EF64_042





一応後撃ち。
EF64_043





※2008年8月7日撮影

京浜東北線209系ウラ72編成廃車配給4

7月29日、京浜東北線の209系ウラ72編成が東大宮操から長野総合車両センターまで廃車のため配給輸送されました。牽引機はEF64-1031号機で、次位にはクモヤ145-117号機が連結されました。前回のウラ73編成に引き続きかなり後期に製造された編成が廃車回送されたわけですが、噂されている転用改造があるからなのかもしれません。

大宮では中線を通ります(撮影地:東北線大宮駅)
EF64_038





後撃ち。
Ef64_039





※2008年7月29日撮影

ここのところレタッチのやり方が大部安定してきましたので、今後はだいたいこんな感じの写真になると思います。

京浜東北線209系ウラ73編成廃車配給3

7月23日、京浜東北線の209系ウラ73編成が東大宮操から長野総合車両センターまで廃車のため配給輸送されました。牽引機はEF64-1030号機で、次位にはクモヤ145-117号機が連結されました。今回廃車配給された73編成は1997年製造と209系0番台の中ではかなり後期(9次車)に製造された編成です。わずか11年程度での廃車ということになります。おそらくですが、検査期限などが影響していると思います。

時間がなかったので、新秋津で簡単に撮影したのみです。(撮影地:武蔵野線新秋津駅)
EF64_036





後ろ姿。
EF64_037





※2008年7月23日撮影

24系廃車回送を撮る5

尾久車両センター所属の24系9両が長野総合車両センターまで配給輸送されました。この24系は北斗星に使用されていた寝台車で、今年3月のダイヤ改正によって北斗星が減便され余剰となった寝台車が廃車になった模様です。年々寝台車がこうして減っていくのは寂しいことですが、時代の流れもあるので仕方ないのかもしれません。今回の配給は茶釜のEF64-37号が牽引を担当しました。

かなり久しぶりに立川の撮影地に行きましたが、ホームが改良されており撮影地付近も新しくなっていました。茶釜を強調したアングルで。(撮影地:中央線立川駅)
EF64_032





茶釜+寝台車というのも風格のある組み合わせです。ですが、寝台車の方は帰らぬ旅へ…(撮影地中央線西八王子駅)
EF64_035






八王子では停車が長いので、大勢の同業者が撮影されていました。
EF64_033





後ろは寂しく中間車が剥きだしでした。
EF64_034






24系廃車回送を撮っている途中で201系H4編成を見かけたので寄り道して撮影してみました。H7編成が入場中のため一時的にH4編成が唯一の中央線201系となってます。(撮影地:中央線吉祥寺駅)
201_005





※2008年7月17日撮影

撮影とは関係ありませんが、jpegのリサイズなどをPhotoshopElement6に変えてみました。まだ編集方法が試行錯誤なので仕上がり方にばらつきがありますが、ご了承下さい。

西武新101系283F+235F廃車回送5

西武新101系の283Fと235Fが武蔵丘検修場まで廃車回送されました。283Fは前日(13日)に283F南入曽から小手指まで回送されており、14日には283F+235Fの編成で武蔵丘まで回送されました。廃車回送先が武蔵丘ですので譲渡のため改造されると思われます。

とうとう30000系導入に伴う本格的な新101系置き換えがいよいよ始まったことを痛感しました。今回廃車となった283Fは101系最後のAK-3コンプレッサー搭載車であり、その特徴的な駆動音から人気の高い編成でした。"音鉄"の方には非常に思い入れのある方も多いのではないでしょうか。

一方235Fは秩父鉄道乗り入れ編成の一つで、秩父鉄道乗り入れ改造の際に連結器が改造されたため池袋側が白電連となっている編成です。秩父鉄道乗り入れ改造を受けた関係で号車番号が振ってあることも特徴の一つです。

普段池袋線では見られない101系の6両編成の廃車回送となりました。283Fの前パン姿もこれが最後です。(撮影地:西武池袋線元加治〜飯能間)
283F+235F_001





飯能でスイッチバックをして武蔵丘へ。今度は普段見ることのできない白電連が先頭に立ちました。(撮影地:西武池袋線飯能〜東飯能間)
283F+235F_002






235Fの白電連。普段は235F+237Fは実質8両固定編成とように扱われているので見られませんが、皮肉にも相方とバラされたため白電連が見ることできました。
283F+235F_003





101系最後のAK-3搭載車クモハ284を。肝心のAK-3はどこへやらという写真ですが。
283F+235F_004






30000系に投入に伴った新101系の本格廃車が遂に始まってしまいました。237Fは相方の235Fを失った後どうなるのでしょうか。他編成と連結は白電連の関係で制約を受けますので、どのような処遇になるのでしょうか。こちらにも目が離せないです。当然武蔵丘へ入場した283Fと235Fがどのような姿に生まれ変わるのかということも注目を集めるでしょう。いずれにしてもこれからも新101系には常に注目を払い続けたいと思います。

トラックバックを送信してます
虹ブログさん
TOMOの鉄日誌さん
ミドリのトウさん
西武人の鉄道記さん

埼京線205系廃車回送4

川越車両センター所属の埼京線の205系の中間車6両が大宮から郡山まで廃車回送された模様です。牽引機はカシオペア塗装のEF81-92号機でした。次位にはゆうマニが連結されていました。

EF81-92号機+ゆうマニ+205系6B(撮影地:東北線久喜駅)
EF81_018





大宮停車中。
EF81_017





後ろ姿。
205_008





※2008年6月18日撮影

西武225F廃車回送5

昨日(3日)から南入曽車両基地に留置されていた西武旧101系225Fが今日(4日)に南入曽→所沢→飯能→横瀬の経路で回送されました。行き先横瀬ということですので廃車回送と思われます。

新所沢付近で撮影してると前方から225Fがやってきました。残雪の中の最後の走りです。複雑な思いで撮影。
225F_056





後続列車で追いかけましたが、結局横瀬まで追いつかず仕舞いでした。横瀬に降り立つとヤード線の中に225Fがいました。武甲山をバックに1枚。
225F_057





しばらくすると225Fは自走で、芦ヶ久保寄りの倉の横へ。駅からでは撮影しずらくなってしまったので、改札を出て側道から225Fを見ると既にパンタを下げていました。この構内の走行が最後の走行だったのかもしれないです。
225F_059





反対側から見ると先に横瀬へやってきた255Fのクハと225Fが同じフレームに。この光景は哀愁が漂います。
225F_058





225Fは幕が抜き取られていたものの、原型を留めていました。
255F_004





※2008年2月4日撮影

イベント列車が中止になったとはいえ、その翌日に早くも横瀬へと旅だっていってしまった225F。西武の"黄色い電車"の創始である西武旧101系のスタイルは多摩川線を除いて完全に消滅してしまいました。この西武を代表する顔がもう本線系統では見られないかと思うと寂しい限りです…

トラックバックを送信してます
虹ブログさん

209系ウラ90編成廃車配給4

E233系1000番台が続々と増備される中、209系ウラ90編成の北長野へ向けて廃車配給輸送が11日に行われました。ウラ90編成は3編成は存在した試作編成の1つです。サハ1両が何かの試験?らしきものに使用されるために抜かれており、9両での廃車配給となりました。続々とE233系1000番台が落成しており、東大宮操にも多数の京浜東北線209系が疎開留置されているようなので、209系の廃車は急ピッチで進むことが予期されます。消えゆく京浜東北線209系をこれからも記憶し続けていきたいです。(撮影地:中央線立川駅)
EF64_018





※2008年1月11日撮影

209系ウラ92編成廃車回送4

12月21日に209系の試作編成であるウラ92編成の北長野への配給輸送が行われました。行き先は北長野ですので、事実上の廃車回送ということになります。ウラ92編成は209系の試作編成の一本で209系920番台を名乗っていた編成で、元々は901系C編成と呼ばれていた編成です。これが209系試作車の廃車配給の第一陣となります。E233系1000番台の営業運転を明日に控えた日にウラ92編成は北長野へ旅立っていきました。なお撮影地は立川駅です。

EF64-1031号機+209系ウラ92編成
EF64_017





※12月21日撮影
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント