クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

品川

クロ157-1が東京総合車両センターへ回送される

12月2日(日)の深夜、貴賓車であるクロ157-1のが東京総合車両センターへ回送されました。なんでも20年以上に渡って走行実績がなく、今までどこに保管されていたのかよくわかりませんでしたが、品川⇒大崎の山手線の線路をクモヤ143に挟まれて走行しました。

私の中では鉄道雑誌で見たことだけある車両、そんな車両が動くという話を聞いて半信半疑で深夜の品川へ。そこに広がっていた光景は深夜とは思えない撮り鉄の数。半信半疑でしたが、これで確信を持ちました。終電後の輸送とあって、撮る場所は限られていますので、「分かればいい」という体で撮りました。

田町車両センターの脇から出てきました。
DSC_1888


大崎から東京総合車両センターへ入庫するシーン。ここは陸橋ですが、総勢100人程度いたのではないかという状況。なんとも異様でした。
DSC_1964


クロ157-1をアップで。
DSC_1970


まさかこんな車両の走行シーンを拝めるとは、思っても見ませんでした。また、使われているクモヤも車両によってはもうぼろぼろでした。

クロ157-1についてはTOMOの鉄日誌さんで26年前の姿を取り上げられています。私も参考にさせていただきました。

14系"リゾート&シュプール車"の団臨を撮る3

24日(金)の深夜品川発で14系"リゾート&シュプール車"の団臨がありました。遠征の際にムーンライトながらを待つ時についでに少しだけ撮影しました。なお牽引はEF66-48号機でした。(撮影地:東海道線品川駅)

14系の後ろ姿。特徴のある塗装なので、大変目立ちます。
EF66_023






前からは釜出しされており、撮影は不可能でした。
EF66_024






※2008年10月24日撮影

トラックバックを送信してます
TOMOの鉄日誌さん

京急を品川〜北品川間で撮る3

先日中途半端に1時間半ほど暇だった時間があったので、京急線を撮影してみました。場所は品川〜北品川の品川1号踏切付近の有名撮影地です。この区間は様々な車種がひっきりなしにやってくるので飽きない撮影地です。

最初は踏切の品川寄りの付近で撮影してみました。JR線を跨ぐ鉄橋が入るアングルです。

北総9100形C-Flyer。3編成しかない千葉ニュータウン鉄道が所有する車両です。なかなか特徴的な車両です。
hokusou9100_001





京急600形。特徴的なエアポート快特の幕です。
KQ600_001





京急2000形。
KQ2000_001






北品川寄りに移動して更に撮影。こちらからは上下共に撮影できます。北品川から発車する列車がよく見える位置ですが、京急の車両の加減速の良さを実感できました。

京急1500形。
KQ1500_001





京急新1000形。8次車から従来の京浜急行のイメージを変えるステンレス車に仕様変更されています。
KQ1000N_001





都営5300形。現在都営車の乗り入れはこの車両に統一されています。
toei5300_001





京成3700形。
keisei3700_001





京急600形ブルースカイトレイン。数少ない赤くない京急の車両。
KQ600_002





※2008年5月14日撮影
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント