今回から遠征記は広島編に突入します。

広島地区のローカル線である可部線には主に105系という車両が使用されています。この105系は大別して新製製造されたグループと103系から改造されて105系とされたグループの二通りが存在します。新製車は3ドア、改造車は4ドアなので容易に区別はつきますが、形式内でドア数が違うのも珍しい気がします。

新製車の105系。3ドアの車。印象だけなら107系に似てる感じです。(撮影地:山陽本線広島〜横川間)
105_004





105系の改造車。こちらは4ドア車。主に常磐緩行線の103系を改造した車両です。改造車でも103系の外観を残す車両と105系の外観となっている2タイプが存在します。何故か幕は白幕。(撮影地:山陽本線広島〜横川間)
105_003





105系改造車で外観も105系となってタイプ。側面方向幕が新製車と異なりありません。(撮影地:山陽本線広島駅)
105_002





同一編成内でも外観は105系タイプと103系タイプが混在していたりします。細部を見る分には面白い形式でした。(撮影地:山陽本線広島駅)
105_001





※2008年8月25日撮影