クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

北陸本線

475系国鉄色編成北陸本線100周年記念号

10月13日から14日にかけて国鉄色475系6両編成の団体臨時列車で行く北陸本線の旅と称した団臨が運転されました。運転区間は敦賀〜糸魚川の往復でした。このイベントのためにわざわざ1編成。475系を国鉄色に復元したそうです。

光線状態に比較的恵まれた14日を撮影して参りました。要所要所で停車時間が長いため、追っかけが容易に可能でしたので、複数回の撮影を狙った行程を組みました。

まずは市振俯瞰。好天に恵まれたものの、気温が予想以上にあがりガスった状態になりました。抜けもそこまでいいわけではありませんでした。それでも日本海のブルーは鮮やかな入りを放っておりました。そんな中475系の団臨が通過。(撮影地:北陸本線越中宮崎〜市振)
DSC_8414

後撃ち。
DSC_8425

待ち時間には北越等も通過。朝から、撮り鉄20人ほどが俯瞰に集まっておりました。
DSC_8398


その後北越3号に国鉄色のT18編成が入るとのことでしたので、適当に撮影。(撮影地:北陸本線水橋〜滑川)
DSC_8431


これが結果的に余計だったのですが、その次は福岡〜石動の鉄橋へ。アングルをもっと吟味したかったのですが、時間がなく適当に構えたところ、高圧鉄塔入れてしまう失態。ここは50人ほど集まっておりました。(撮影地:北陸本線石動〜福岡)
DSC_8436


金沢以西はヘッドマークが「くずりゅう」に。最後は芦原温泉〜丸岡のストレートへ。光線状態がいいこともあり、ここは一帯に100人程度いたように思いました。当然のごとく場所もありませんので、人の間に入れてもらい撮影。(撮影地:北陸本線芦原温泉〜丸岡)
DSC_8443

待ち時間には681系。これはこれでカッコイイです。
DSC_8442


色々ケチをつけることもあるのですが、全体的には満足行く遠征となりました。

485系特急最後の活躍 いなほ・北越を撮る

8月10日から12日かけて、新潟を中心にいなほ・北越を集中的に撮影して参りました。晴れ予報にも関わらず、空気がモヤっていて、あまり満足のゆく撮影とはなりませんでした。ですが、3日間ということもあり、それなりにまとまった記録ができました。

以前から485系を追っていた人から見れば、「葬式鉄」もいいところで、お恥ずかしい限りですが、ご笑覧ください。

初日の10日は国鉄色のT18編成が、北越6号に入るとのことで、鯨波へ。もともとあまり考慮していなかったので、到着直前になってしまいアングルも吟味もせず、三脚も立てずに撮影。ここに来たのもかれこれ4年ぶりでした。(撮影地:信越本線青梅川〜鯨波)
DSC_7290


この日はどんどん曇ってしまい、万事休す。それでも折角なのでと北条のカーブへ。(撮影地:信越本線:北条〜越後広田)
北越6号。T14編成。
DSC_7299

くびき野2号。T17編成。基本的にくびき野はT16・17編成のどちらかが充当されます。
DSC_7310

北越8号。R23編成。
DSC_7317


この後新津のバルブなどもやるも、ひどい結果になったので省略。

11日は富山方面が晴れていたので、市振俯瞰へ。信号トラブルでダイヤが乱れていましたが、撮影そのものは問題なくできました。(撮影地:市振〜越中宮崎)
北越2号。T編成。ガスっているのと、日が高いことが相重ねって晴れている割にぱっとせず。個人的には許せる範囲内かな・・・といった微妙なところでした。
DSC_7371

このあと475系国鉄色が通過する大きなおまけが。これはラッキーでした。
DSC_7376

上りのアングルへ移動して、はくたかも。こちらも北陸新幹線開業で廃止濃厚です。
DSC_7381


この後曇ってしまい、北越等は大撃沈。俯瞰の曇なんぞ見られたものではありません。
その後、魚津方面へ行ったりもしましたが、バリ晴れの女神からはそっぽを向かれ、晴れず仕舞いでこの日はおしまい。

12日、583系の甲子園臨を撮影し、北上するもこれはまた撃沈。酷い霧で話になりませんでした。
すなおにいなほを撮影しに府屋の撮影地へ。(撮影地:羽越本線:勝木〜府屋)
いなほ2号。背後が海水浴場なので、この時期はこのような感じになるようです。
DSC_7405


この後笹川流れへ。朝順光の下りアングルに登るも今度はマンダーラ。光線状態も悪くなるので、とっと下山し、午後の上りアングルへ。(撮影地:羽越線:越後寒川〜今川)
T18編成のいなほ5号、後追いですが、俯瞰なので気にならないとの判断で撮影。晴れてはいるのですが、薄い雲に阻まれこれまた微妙なことに。
DSC_7440


帰り際、坂町手前でお手軽撮影。(撮影地:羽越本線坂町〜平木田)
DSC_7498

タラコキハのサンドイッチもきました。
DSC_7499


イマイチ冴えない3日間になってしまいましたので、リベンジしないといけない感じになってしまいました。秋口にまた新潟を訪れたいと思います。

【北陸遠征記】北陸本線津幡〜倶利伽藍間で撮影4

北陸遠征記第1弾です。

北陸本線の有名撮影地倶利伽藍〜津幡間は是非とも長い時間を取って撮影したいと思い、24日はここをメインに撮影しました。駅から徒歩10分もかからないお手軽な有名撮影地でした。有名撮影地ということもあってかこの日も何名かの同業者さんにお会いしました。アウトカーブのアングルで撮影可能な下り(富山方面行き)の撮影の他に、上りも3両編成までほどならば撮ることが可能です。やはり有名撮影地とあって構図はなかなかものです。
地図

681系1000番台と2000番台の混結のはくたか号。
681_001





413系普通電車。この普通電車の形式がどうも余所者の私には紛らわしくて、差異がイマイチ掴みきれず。
471_001





485系北越号。1000番台なのでリニューアルされていない編成。
485_004





EF81-39号機+コキ。貨物更新色の電機。関東に住む私としてはこの塗色は新鮮に感じてしまいます。
EF81_009





EF510-12号機+コキ。レッドサンダーのロゴはアングルがアングルのため見えず。
EF510_001





EF81-454号機+コキ。貨物標準色の電機。
EF81_010





485系の集約臨。パノラマが目に付く485系ですが、金沢以西はあまり乗り入れないので集約臨での入線は今や貴重な機会のようです。
485_005





※2008年5月24日撮影
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
最新コメント