クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

京王9000系

【京王】DAX検測を撮影する4

12月8日、デワ600系+クヤ900系DAXが動物園線、相模原線などの定期検測を行いました。

良い機会だったので、京王線を色々撮影して参りました。とりあえず時間的な問題で最初は桜上水駅を選択。しかし影が予想以上に酷く、影をかわすには望遠が足りなかったため、トリミング処理をかなりしております。

京王7000系7707F。(撮影地:京王線桜上水駅)
keio7000_003

京王8000系8703F+87**F。(撮影地:京王線桜上水駅)
keio8000_004

そしてDAX。短編成ですので、必然的に左右がスカってしまい、4:3にトリミングすることにしました。(撮影地:京王線桜上水駅)
keioDAX_002


その後は相模原線へ。小田急のはるひ野近辺から歩いた撮影地に。少し撮影してみて、これはなかなかいい写真になりそうだなと直感的に思いました。(撮影地:京王相模原線京王永山〜若葉台間)
keio9000_003

そして本番。ここは短編成ということが上手く生かせました。(撮影地:京王相模原線京王永山〜若葉台間)
keioDAX_001

最後の京王9000系甲種輸送を撮影4

7月31日に夜行バスに乗って8月1日、2日と名古屋〜浜松付近をうろうろと遠征してきました。純粋に鉄活動ということではなかったので、写真は少な目です。この記事ともう一回遠征記事を予定しています。

8月1日、京王9000系9030Fの甲種輸送が行われました。豊川〜豊橋〜西浜松〜川崎貨物の経路でした。京王9000系最後の増備車となるようで、9049Fまで増備されていましたが、9050Fとすると既存の車両と車番が重複してしまうために、9030Fに番号が逆戻りしました。またkeioロゴの位置が既存の編成と変わっていました。牽引は豊川〜西浜松間でDE10-1581号機でした。

遠征していましたので、DE牽引区間だけという、関東に住む人間だったらば普通はないパターンの撮影となりました。

日本車輌の専用線からゆっくりと出てきて、踏切の直前で一旦停車。このとき丁度雨が土砂降りとなり、散々な目にあいました。(撮影地:日車専用線付近)
DE10_013








雨だったので沿線はやめて、駅撮りに。と思ったら何故か通過時は晴れという変わりやすい天気でした。(撮影地:東海道線二川駅)
DE10_014








後撃ち。
DE10_015








位置の変わったkeioロゴ。
keio9000_001








※2009年8月1日撮影

参考に既存の編成のものを。あまり良い写真がみつからず、お見苦しいですが。
keio9000_002

さよならゆとり踊り子号4

3月9日の運転をもって引退するゆとりのさよなら運転の一環として、3月8日にさよならゆとり踊り子号が品川〜熱海間をミステリー列車として運転されました。

これまでもゆとりは何度か撮影してきましたが、最後のさよなら運転も一度ぐらいは撮影したいと思っていたので(実はさよならゆとり奥利根号を撮影して失敗しているのは内緒です)、二宮まで少し遠出してみました。色々撮影地を物色した挙げ句に二宮から結構遠いところになかなかいいロケーションを発見したのでそこで往路は撮影しました。架線柱が五月蠅いですが、ヘッドマークが一応は見えるので許容範囲内だと自分では思ってます。分かさよなら運転でありながら同業ゼロの撮影だったので、自分だけのアングルで撮影できたのもちょっぴり嬉しいポイントでした。なおこのさよならゆとり踊り子号は全区間プッシュプルで熱海よりがEF65-1100でHM付き、東京よりがEF65-1118です。(撮影地:東海道線二宮〜国府津間)
EF65_016








復路は二宮近辺には良さそうなアングルがなかったので、あまり時間もなかったので駅撮りで妥協することにしました。真逆光で辛かったですが、なんとか凌ぎました。往路復路共に東海道貨物線を走行した模様です。今度はレインボー色のEF65-1118(通称ゲッパ)が先頭。(撮影地:東海道線鴨宮駅)
EF65_017






この日は西武30000系38103Fの甲種もありましたが、二宮での通過時刻がゆとりと際どかったためどちらが先にくるか分からず、西武甲種の前撃ちを取り損なってしまいました…ということで写真は後撃ちだけです。(撮影地:東海道線二宮〜国府津間)
38103F_001








京王9000系9738Fの甲種輸送もありました。今日は甲種ラッシュ。京王9000系甲種の兼ね合いで、西武30000系甲種はいつもとダイヤが異なりました。(撮影地:東海道線鴨宮駅)
EF210_010





※2008年3月8日撮影

ゆとりの引退によりJR東日本から国鉄の遺産・バブルの面影を残した客車ジョイフルトレインが遂に消滅することになります。客車JTはもはや風前の灯火としう感じです。機関車が客車JTを牽引というのも近い将来過去の思い出話となってしまいそうです。一つの時代の終焉が終わろうとしています。

トラックバックを送信してます
Kaz-T's blog レインボーラインさん
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント