クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

上石神井

【西武団臨】くめがわ電車図書館チャリティー団臨に乗る

10月21日(日)、西武新101系271F+281Fを使用した団臨が運転されました。こちらはくめがわ電車図書館チャリティー団臨と銘打って実施され、ひがしむらやま551// さん、SSK's BLUE Rail Log さんなどが中心となり、参加費の一部をくめがわ電車図書館の再塗装費に充てようという企画で実施されました。

経路は小手指(送り込み回送)⇒所沢⇒東村山(ここから客扱い)⇒上石神井⇒小平⇒西武遊園地⇒萩山⇒田無⇒東村山⇒西武園⇒東村山(客扱いここまで)⇒西武園(この間撮影用)⇒東村山(ここから返却回送)⇒所沢⇒小手指。相当マニアックなルートで「流石」のルート設定といったところでしょうか。

基本的には撮影専門の私ですが、縁もありまして乗車することに致しました。

東村山5番線より乗車。総勢80名程の乗車です。
DSC_0454


幹事の方々の社内アナウンスやご一緒された方々とのお話をたくさんさせて頂きながら、団臨は走行。

東伏見で退避する際に今回「仕掛け」をじっくり観察いたしました。
幕は手製のものが入れ込まれており、遠目に見れば快速急行飯能のような雰囲気です。快速急行と言えば未だに私はこの配色に拘りがあり、こういう仕掛けは大変うれしいものです。
DSC_0477


先頭車の電連は黄電連を模して塗装されており、往年の姿を思い起こさせるものでした。といっても271Fが実際に黄電連だったことはなかったようです。
DSC_0478


面構え。好天に恵まれ有名撮影地は車内から見た限りではとんでもない人でした。特に田無駅先が恐ろしい光景でした。西武の電車にここまで集まったこともあまり記憶がありません。(機関車は別として)
DSC_0480


上石神井のY線の入線はこの団臨の一つのポイントでした。なかなかこんな風景は体験できません。ここで客扱いするのは史上初だったとのこと。このあと入れ換えをして、ホームのない1番線(1番ホームではなく)から出発。
DSC_0487


更に団臨は進み、萩山留置線へ。ここも乗ることは早々できません。通過する多摩湖線電車を見慣れぬアングルで眺めること十分程度、団臨も終盤へ。
DSC_0504


西武園で降り、ひと通り記念撮影。281Fは準急っぽいような配色です。
DSC_0522


よくわかりませんが、方向幕がずらり。
DSC_0527


最後の東村山〜西武園はフォトランで撮影用走行。西武園駅から勢いで歩いていたら、思った以上に暑く汗だくで撮影する頃には集中力がプツンと切れてしまい、この後の撮影は凡ミスの連発でお恥ずかしいのですが、羅列しておきます。最近の運動不足が明らかに祟っております。(撮影地:西武西武園線東村山〜西武園)
DSC_0550


返却回送。色々突っ込む点はありますが、もう既にこの時半ば放心状態(笑)(撮影地:西武池袋線西所沢〜小手指)
DSC_0571


全てが終わったあとの271F。既に281Fとは切り離されておりました。黄電連を元に戻していたところで1枚。本当に今回は散々楽しませて頂きました。
DSC_0588


この場を借りて、今回このような場を設けて頂きました幹事の皆様と、このような企画を受けて頂いた西武鉄道の皆様に重ねて御礼申し上げさせて頂きます。

また10/20付の朝日新聞夕刊にも取り上げられています。
http://www.asahi.com/national/update/1020/TKY201210200174.html

西武旧2000系2001FがLED化される3

西武旧2000系2001Fが10月15日(水)頃?LED化された模様です。旧2000系は昨年初頭に全編成更新を一通り受けて以降幕車がLED化されることはなかったと思いますが、久々に幕車のLED化となりました。また種別表示とは逆側の通常何も表示されない箇所が、幕車時代のままでした。通常LED化された場合、この部分は白ではなく黒になります。一時的な状態なのかもしれないので、記録するならば今のうちなのかもしれません。

LED化された2001F。(撮影地:西武新宿線新所沢駅)
2001F_007





このようにこの部分の窓は白のままです。
2001F_004





側面写真。
2001F_006





※2008年10月21日・23日撮影(24日写真差し替え)

・参考写真
通常LEDされた場合の姿。右側の窓は黒です。
2000_024






トラックバックを送信しています
やっぱり鉄分の濃い日々さん

西武新2000系2093FがフルカラーLED化3

新宿線系統に所属する西武新2000系の8両固定編成の2093FがフルカラーLED化されました。18日頃からフルカラーLED化された状態で運用に就き始めた模様です。2093FはフルカラーLED化された以外に手を加えられた点は見受けられません。2045FもフルカラーLED化されたのみで他はそのままでしたが、これと同じパターンです。新宿線系統の新2000系は2045F、2047F、2081Fに続いて4編成目のフルカラーLED車となります。池袋線系統の新2000系は大幅更新車どころか、フルカラーLED車は1編成もいませんが、今後どのように推移していくか気になるところです。

フルカラーLED化された以外は足回りなどを含めてそのままです。(撮影地:西武新宿線上石神井駅)
2093F_001





側面写真。
2093F_002





※2008年10月20日撮影

トラックバックを送信してます
やっぱり鉄分の濃い日々さん
TOMOの鉄日誌さん
Fujickeyの鉄道観察ルポ さん

西武263F不定期回送4

4月16日に西武多摩湖線のワンマン車の新101系263Fが南入曽車両基地から上石神井経由で所属の玉川上水基地まで回送されました。南入曽に263Fが滞在した理由は不明ですが、出場して間もないことから検査等ではないような気がします。

まずは新所沢駅で。ライトが点いているコマは露出を誤って大失敗してしまいました。今回は全て手持ちなので画質はご勘弁下さい。
263F_007





後続の急行で263Fを東伏見で追い越して、上石神井へ先回り。上石神井到着はあまり良い写真がないので省略します。その後入れ換えで上石神井の側線へ263Fは移動。
263F_008





しばらくすると263Fが本線側へこれから玉川上水へ向かいます。発車する際に側線に回送列車がやってきたので、流してみました。ギリギリ並びになって止まってくれたようです。
263F_009





下りも東伏見で後続の急行を待避。それを利用して萩山へ先回り。そして萩山進入を無理矢理流し撮りしました。
263F_010





今度は後撃ちで前パン側を撮影。101系ワンマン車3本並びとなるかと思いましたが、そうも簡単には上手くいきませんね。
263F_011





※2008年4月16日撮影

撮影をしていてきになった事が一つ。それはこの回送列車の車内に何やら怪しい段ボールやらケースが沢山載っていました。もしかしたら牽引車としても使用される言われている263Fだけにこの関連で南入曽まで行っていたのかもしれません。真相は分かりませんが、今後も異端児263Fには注目が集まりそうです。

トラックバックを送信してます
やっぱり鉄分の濃い日々さん
TOMOの鉄日誌さん
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
最新コメント