クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

メトロ7000系

「渋谷つながる」5社相互直通運転開始

3月16日(土)、東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が開始され、西武池袋線、東武東上線、東急東横線、東京メトロ副都心線、横浜高速鉄道みなとみらい線と5社に跨る相互直通運転が開始されました。飯能〜元町中華街や森林公園〜元町中華街といった、かなり長い直通運転となります。それに伴い、東横線の渋谷駅は地上ホームでの営業は終了し、地下5階へ移転。各路線ともに渋谷行き等は大幅に削減され、運転系統も大きく変化しました。特に、西武池袋線では新たに練馬停車の快速急行が設定され、飯能〜元町中華街間で運転されます。

記念すべきダイヤ改正初日、数時間ほど撮影して参りました。また、飯能9時10分発の快速急行元町中華街行きはは飯能で記念式典を、行いヘッドマーク付きで運転されました。

撮影順に列挙。撮影地はすべて西武池袋線秋津〜所沢間。

メトロ7000系の元町中華街行き。
DSC_3813


ヘッドマーク付き、かつ出発式を務めたのは西武60006系6158F。欲を言えば、もう少し見やすく、絵の多いデザインのヘッドマークがよかったですが、記念すべき列車となりました。快速急行元町中華街は新時代の到来を感じます。
DSC_3824


もちろん東急車も乗り入れて参ります。
DSC_3866


この日は野球ダイヤの影響か、なんとひばりヶ丘始発の快速急行小手指という珍列車が運転。運番表記がありません。
DSC_3927


快速西武球場前行き。こちらは野球臨のようでした。
DSC_3933


ヘッドマークが帰ってきました。
DSC_39572


とうとうやってきた5社相互直通運転。新しい時代の開幕と言えるでしょう。

ダイヤ改正シリーズ★6 終焉新線池袋行き5

東京メトロ副都心開業に伴って新線池袋駅は池袋駅に改称されます。それにより新線池袋行きも見納めとなります。小竹向原〜新線池袋間は当然ですがガラガラだったりと、なかなか面白い列車ではありました。新線池袋行きは現行ダイヤではメトロ車が多く、西武車運用が少ないためあまり西武車の新線池袋行きの記録が不十分でした。大した写真はありませんが、ここ最近撮った新線池袋行きの写真で新線池袋行きを見返してみました。

●メトロ車
メトロ7000系7104Fの新線池袋行き。メトロ7000系のLEDは時によっては全く写らないこともあり(シャッター速度にもよります)なかなかはっきりLEDが写っているものはそれ程ありませんでした。(撮影地:西武池袋線所沢〜西所沢間)
7104F_003





Yマーク貼り付け後のメトロ7000系7111F。(撮影地:西武池袋線西所沢〜小手指間)
7111F_001





メトロ10000系10118F。ありふれた姿も見納めです。(撮影地:西武池袋線西所沢〜小手指間)
M10118F_001






●西武車
西武6000系6110Fの新線池袋行き。(撮影地:西武池袋線清瀬〜秋津間)
6110F_003





西武6000系改造車6104F。ROM更新後の姿。(撮影地:西武池袋線富士見台駅)
6104F_007





※2008年3月4日・5月28日・6月8日・13日撮影

副都心線非対応編成にYマーク貼り付け3

6月8日頃から西武6000系・メトロ7000系の副都心線非対応編成にYマークが貼り付けられている模様です。副都心線非対応編成は西武6000系の場合は未改造車(但し新宿線の編成除く)とメトロ7000系は黄色帯の編成です。また東武9000系にも同様のYマークが貼り付けされた編成があるようです。このYマークは有楽町線を表すものですので、有楽町線は走行可能だが副都心線は走行不可を判別するためのものと思われます。西武6000系の場合前面で容易に判別できるわけですが、メトロなどと合わせたのでしょうか。

メトロ7000系7104FのYマーク。左側の小窓付近に貼付。
7104F_002





西武6000系6156FのYマーク。
6156F_009





拡大写真。
6000_002





※2008年6月8日・10日撮影

6月14日:追記
何故か副都心線対応改造を終えたはずの6158FにもYマークが貼り付けられていました。Yマークの意味を取り違えているとも思えませんし、全く理由は不明です。なお編成によっては中間車の側面にYマークが貼付されているものも存在するようです。
6158F_007






トラックバックを送信してます
FujickeyのNゲージ部屋さん
でんしゃ観察レポートさん

ダイヤ改正シリーズ★2 まもなく見納め準急新線池袋行き5

6月14日のダイヤ改正で消滅する列車のシリーズ第二弾は準急新線池袋行きです。新線池袋は副都心線の開業に伴って池袋に改称されます。そのため準急新線池袋行きならず新線池袋行き自体が消滅することになります。(いずれ普通新線池袋行きも特集する予定です。)準急新線池袋行きは平日朝に一本、土休日ダイヤに二本あるだけのレアな列車です。特に土休日ダイヤに一本あるメトロ車運用は現行のダイヤで現れた列車で結局1年3ヶ月ほどで見納めということになります。何度か準急新線池袋行きは記事にした記憶がありますが、今回は改正前の土休日ダイヤ最後の日となった6月8日の準急新線池袋行きを掲載致します。

まずは西武車運用。西武6000系改造車6104Fが充当されました。ROM更新後の姿で準急新線池袋行きというのはほんの僅かな期間の姿ですので、大変良い記録となったと思います。(撮影地:西武池袋線所沢駅)
6104F_006





続いてメトロ車運用。この列車始発駅の所沢発車時点で18時30分前と走行写真を撮るには日の長い今の時期でもギリギリです。それでも頑張って走行写真にチャレンジしました。ゴールド帯の7000系は副都心線運用には就きませんから、これも良い記録となったと思います。(撮影地:西武池袋線清瀬〜秋津間)
7118F_002





※2008年6月8日撮影

副都心線用メトロ7000系と西武263Fが小手指に留置3

先日(11日)に南入曽まで回送された西武263Fですが、12日の昼過ぎには小手指車両基地に留置されていました。朝(8時ぐらい)の段階では見あたらなかったと思うので、午前中に南入曽から小手指まで回送された模様です。2081Fの近くに留置されていましたが、連結されているわけではありませんでした。状況を伝えるのには適切な写真ではないかもしれませんが、ご参考までに掲載しておきます。
2081F_005





上記の写真で背後にいるのはメトロ7000系です。一瞬配色等からメトロ10000系と見紛うばかりです。2081Fにメトロ7000系7101Fが留置されていました。こちらは今日の朝にも確認していています。副都心線用に改造されたメトロ7000系ではそれ程多くない10両編成のタイプのようです。
7101F_001





※2008年5月12日撮影

トラックバックを送信してます
でんしゃ観察レポートさん

なんとなく東上線2

用があって川越へ行って来たので、そのついでに駅撮り。
川越市1川越市2







川越市3
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント