クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

鉄道全般

流鉄の「なの花」終焉迫る

流鉄の「なの花」号の引退が4月28日に迫っています。「なの花」は元西武701系の譲渡車で、流鉄2000形電車としては最後の編成です。この車両が引退すると元西武新101系の流鉄5000形に統一される予定です。

本当に今さらといった感じですが、撮影を13日にして参りました。行ったのが16時前と時間を逸した感じがしましたが、比較的光線状態の影響を受けにくい面縦でなんとか頑張って撮影しました。

鰭ヶ崎の流山よりの撮影地に最初は行こうとしたのですが、思い切り影に落ちていてやむなく退散。その帰りにド逆光ながら撮ってみました。(撮影地:流鉄流山線小金城趾〜鰭ヶ崎)
DSC_4500-2


そして影落ちが激しい中、唯一なんとか処理できそうだった小金城趾の手前で撮影。なんとか1/60で撮影しLEDを残すのにもチャレンジしました。ただしピントが若干おかしかったので、誤魔化しています。(撮影地:流鉄流山線幸谷〜小金城趾)
DSC_4545


これにて影落ちも限界のため撮影終了。なんとも不完全燃焼感のあった撮影でした。

西武の新101系が本線から追いやられるのと時を同じくて、十数年前に譲渡された元701系・801系の車両が各地で廃車されています。流鉄2000形の引退はまさに、そんな時代の節目を感じさせる出来事でしょう。

各停豊洲行きほか朝ラッシュの西武池袋線

5直に伴うダイヤ改正で、地味ながらも各停豊洲行きという列車が設定されました。これは豊洲駅に折り返し設備を設置したことに伴うものてす。西武池袋線からは朝に1本設定されました。

改正後の平日朝ラッシュの撮影も兼ねて4月10日に富士見台で撮影しました。

各停豊洲行き。この日は6156Fが充当。東京富士大ヘッドマーク車。このヘッドマークになってからは初めて撮りました。
DSC_4462


DSC_4468

その他にも数枚。

各停元町中華街。未だに池袋線でみると違和感が。
DSC_4477


快速元町中華街。朝夕のみの設定です。
DSC_4487


今度は東横線の朝ラッシュを撮りたいところです。

目黒川の桜と東横線

都内にある桜の名所の一つに目黒川がありますが、ここは東横線と絡めて撮ることができます。本当に少しでしたが、数枚撮ってみました。今回は撮ることができませんでしたが、こんな場所にも西武や東武、そしてメトロの車両も乗りいれてくるわけで、まだまだ違和感があります。撮影地は東横線の中目黒駅付近です。

DSC_4094


DSC_4094

「渋谷つながる」5社相互直通運転開始

3月16日(土)、東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が開始され、西武池袋線、東武東上線、東急東横線、東京メトロ副都心線、横浜高速鉄道みなとみらい線と5社に跨る相互直通運転が開始されました。飯能〜元町中華街や森林公園〜元町中華街といった、かなり長い直通運転となります。それに伴い、東横線の渋谷駅は地上ホームでの営業は終了し、地下5階へ移転。各路線ともに渋谷行き等は大幅に削減され、運転系統も大きく変化しました。特に、西武池袋線では新たに練馬停車の快速急行が設定され、飯能〜元町中華街間で運転されます。

記念すべきダイヤ改正初日、数時間ほど撮影して参りました。また、飯能9時10分発の快速急行元町中華街行きはは飯能で記念式典を、行いヘッドマーク付きで運転されました。

撮影順に列挙。撮影地はすべて西武池袋線秋津〜所沢間。

メトロ7000系の元町中華街行き。
DSC_3813


ヘッドマーク付き、かつ出発式を務めたのは西武60006系6158F。欲を言えば、もう少し見やすく、絵の多いデザインのヘッドマークがよかったですが、記念すべき列車となりました。快速急行元町中華街は新時代の到来を感じます。
DSC_3824


もちろん東急車も乗り入れて参ります。
DSC_3866


この日は野球ダイヤの影響か、なんとひばりヶ丘始発の快速急行小手指という珍列車が運転。運番表記がありません。
DSC_3927


快速西武球場前行き。こちらは野球臨のようでした。
DSC_3933


ヘッドマークが帰ってきました。
DSC_39572


とうとうやってきた5社相互直通運転。新しい時代の開幕と言えるでしょう。

東横線相互直通運転前夜◆前椶蠅罎渋谷駅〜

東横線の副都心線との相互直通運転で大きなトピックスといえば、東横線の渋谷駅が現在の副都心線の渋谷駅へ引越しすることと、相互直通運転ができない東急9000系の撤退。もうひとつ挙げれば渋谷行きの大幅削減と特急・急行の一部10両化されることでしょう。

本当に適当に撮った程度の写真を羅列。

渋谷駅。かまぼこ型の渋谷駅が活躍するのも残り僅か。跡地はしばらくはイベント会場「エキアト」として利用されるようです。その後は山手貨物線(埼京線・湘南新宿ライン)のホームを跡地へ移設する再開発が予定
DSC_1154
DSC_1157

カウントダウンも残り僅か。
DSC_3666


東急9000系の並びと渋谷駅は消えるもの達のコラボレーション。
DSC_3693


渋谷行きの特急はほぼ消滅。(撮影地:東横線妙蓮寺〜白楽)
DSC_3587

東急9000系は東横線より撤退。(撮影地:東横線妙蓮寺〜白楽)
DSC_3651


私自身は5〜6年前に多少近場に通う機会があったぐらいなのですが、今の自分が住んでる場所から横浜まで一本になると今後は足繁く通うようになるのでしょうか。

2013年3月16日西武鉄道ダイヤ改正発表〜なくなるあの列車〜

3月16日に東京メトロ副都心線と東急東横線が相互直通運転されることに伴うダイヤ改正が、東京メトロ、東急電鉄、西武鉄道、東武鉄道、横浜高速鉄道の5社で発表されました。

東急東横線と副都心線の相互乗り入れにより、元町・中華街〜飯能が最速95分、元町・中華街〜川越が最速86
で結ばれます。池袋〜横浜間などは湘南新宿ラインと所要時間や本数が肉薄することになり、厳しい競争となりそうです。

西武鉄道の中ではというと池袋線では地下鉄直通の快速急行が新設されるのが大きなところになります。新宿線では東村山の特急停車。萩山での連結廃止が大きいところになります。

散々ニュース的なことは各所で報道されておりますので、そこは割愛させて頂いて、趣味的には重要ななくなる列車や行き先にスポットを当てます。

<池袋線系統>
\症霾面からの渋谷行きの廃止もしくは大幅削減
詳しいダイヤを見ない限りわかりませんが、恐らく渋谷行きは廃止されるか、あっても早朝夜間程度に留まると思われます。

LED車しか渋谷行きは充当されないため、私はLED車をしっかり写した写真が少なく、廃止まで再度記録しなおそうと思っています。
DSC_2725


DSC_5664


∧親夕方の急行小手指行き廃止。
2008年のダイヤ改正で登場した平日夕方の急行小手指行きが飯能行きへ延長されて消滅。珍行き先に近かったので、ある意味順当と言えるかもしれません。
DSC_3104_2


J親昼間の池袋行き快速急行の廃止
快速急行は平日は地下鉄直通のみになるため、はっきりはわかりませんが、乗り入れ車両以外の快速急行は平日朝と休日の快速急行のみとなりそうです。また非乗り入れ車の快速急行飯能行きはなくなることが予想されます。
DSC_0449

6000系も地上運用の快速急行はほぼなくなりそうです。
DSC_2735

こんな姿も見納め?
DSC_0392


’觧海任力結廃止伴う、拝島線の6両急行、多摩湖線の4両急行廃止。
こちらは特徴的な姿だっただけに変化が大きいでしょう。私は多摩湖線の急行はまともな記録がなく、なくなるまで是非撮りたいのですが、叶うのでしょうか。写真は拝島線の6両急行。
DSC_2706


一橋学園行きの廃止
こちらも完全に廃止。これも特徴的な一区間の運用だったただけに、なかなか変化が大きいところです。またこれに伴い本町信号所の出番は・・・となるかもしれません。
写真は以前の225F引退時の記録しかなくお恥ずかしい限り。
225F_018


西武遊園地〜小平の区間列車大幅削減。
一部列車は残るかもしれませんが、多摩湖線全線でワンマン化により、ほぼ見れられなくなるのでしょうか。
2525F_007


さて西武鉄道としては副都心線開業以来の大規模ダイヤ改正ですが、影に隠れがちな新宿線にも大きな動きがあります。ダイヤ改正までの間はなくなる列車に焦点を当てて極力記録していきたいところです、

<参考>
西武鉄道プレスリリース
http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2012/__icsFiles/afieldfile/2013/01/22/20130122diagram.pdf

真岡鐵道の日章旗掲出SL

1月6日はの北斗星の撮影の後は、真岡鐵道のSLへ。3年前をなぞるような撮影工程になりましたが、なんだかんだでこれが効率よかったりします。

送り込みのDE10。なかなか綺麗に決まったと思います。(撮影地:真岡鐵道真岡線寺内〜真岡)
DSC_2903


広角で。真岡は煙がある程度出てくれるのが嬉しいところ。(撮影地:真岡線西田井〜北山間)
DSC_2911


折り返しは光線が弱くなってしまいました。アングルも後から見ると悩ましいものです。(撮影地:真岡線天矢場〜茂木間)
DSC_2930


薄晴れは写真にすると見た目は曇り・・・(撮影地:真岡線西田井〜北真岡間)
DSC_2941


これはアングルミスですね。シルエットになってません。(撮影地:真岡線折本〜下館二高前間)
DSC_2954


普段それほどSL撮りませんので、やはり煙の処理の仕方が難しいです。また訪れたいところですね。

【秩鉄】EL長瀞宝登山初詣号 を撮る

1月1日〜3日の間、秩父鉄道ではデキ201牽引の「EL長瀞宝登山初詣号」が運転されました。茶色の機関車に茶色の客車ということもあり、なかなか編成美が綺麗な点、日章旗が掲出されるという点が魅力に写り、2日に撮影に向かいました。

この日は朝方から曇っていたのですが、通過時は晴れ。後ろに青い普通のデキがついてますが、なかなかかっこいい編成でした。(撮影地:秩父鉄道秩父本線武州荒木〜東行田)
DSC_2674


色々停車もあるので、追っかけ。桜沢の撮影地では雪が舞ってました。(撮影地:秩父鉄道秩父本線桜沢〜寄居)
DSC_2680


6000系の開運号まで撮って撤収しました。(撮影地:秩父鉄道秩父本線桜沢〜寄居)
DSC_2692


JRでELの客レネタが少なくなった昨今では、こういう列車が走るのは貴重ですし、やはり惹かれるものがありますね。沿線はこの日も結構な人で賑わっていました。

8111F使用の東上線の団臨を撮る

11月18日(日)、森林公園研修区の公開イベントに合わせて東武8000系8111Fを使用した団体臨時列車が運転されました。8111Fは動体保存となった8000系で、普段は東武伊勢崎線(スカイツリーライン)で走っています。今回はイベントのためにわざわざ東上線へ出張といったところです。

イベントのついでという人も多かったのか、沿線には多数の撮影者が。(撮影地:東武東上線高坂〜東松山)
DSC_1367

返しは近くの陸橋より。遠目には富士山も展望できるほどの好天に恵まれました。
DSC_1378


こちらは臨時快速急行の送り込み。8111Fの団臨に通過後にやってきました。
DSC_1371


あまり東上線沿線は頻繁に出向きませんが、私が関東から離れている間にあ8000系は数を減らしたようで、数年前の印象からはだいぶ違ったものでした。

おまけ。
かつて東上線で普通に走っていた頃の8111F。
DSC_8778

東急5050系が西武池袋線で先行して営業運転

私事ながら、8月半ばより長崎から東京へ転勤になり、再び西武沿線に戻ってくるようになりました。多忙でなかなか撮影の暇もないのですが、できるかぎり更新したいと思っていますので、引き続きよろしくお願いします。

9月10日頃から東急5050系が西武池袋線で営業運転に入っています。来年の副都心線の東横線に備えた慣らし走行と思われますが、副都心線開業時には遅れやオーバランが頻発したこともあり、万全を期して直通したいという思いを、個人的には感じます。

16日にタイミングが合いそうだったので狙ってみました。てっきり各停上っていると勘違いして、富士見台で狙ってしまいごちゃごちゃ感が酷いですがとりあえず記録。この日は26Mの運用でした。(撮影地:西武池袋線富士見台駅)
tq4104F_002


なんらかのイレギュラーな事態が発生すれば、東急車の西武池袋口入線もありそうです。着々と直通への準備が進んでいることを実感しますね。
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
最新コメント