2月13日、西武6000系6113Fが副都心線対応改造を終えて玉川上水を出場し、小手指車両基地まで試運転を兼ねて回送されました。経路は玉川上水〜拝島の試運転2往復後、玉川上水→上石神井→所沢→小手指でした。改造の内容は特段変わったものはなく、スマイルビジョンの設置等も行われていませんでした。

露出もなく、雪が舞っている天候の上、積雪があるわけでもないので写真的には最悪のコンディション。それても一応申し訳程度に撮影を行いました。

撮影したことがなかった気がする武蔵砂川駅周辺の撮影地で。雪が待って降り、写真も汚らしく完全に記録です。(撮影地:西武拝島線玉川上水〜武蔵砂川間)
6113F_003


玉川上水から試運転は直前まで雪も降っており寒いので、東伏見のマクドナルドで時間を潰し、ピンポイントで撮影。この時は雪は止んでましたが、露出が悲惨。更に1/400の切ったらで微妙に被写体ブレという結末。10秒後にはかぶっていたので撮れただけマシとしておきます。(撮影地:西武新宿線武蔵関〜東伏見間)
6113F_002

※2010年2月13日撮影

この後上石神井から折り返しは露出が更に落ちていたので、パスして撤収しました。

6000系原型車(Yマーク付きに限る)もあと6151Fと6152Fのみ。6113Fの出場により、近々どちらかが入場すると思われます。副都心線対応改造もとうとう終わりが見えてきました。

トラックバックを送信しています
西武東横線のブログさん
西武情報館さん
気まぐれに西武でもさん