12月23日、D51-498号機+12系5両を使用した試運転列車が高崎〜水上の往復で運転されました。ゆうづるを模したヘッドマークが取り付けられて運転されました。

さてこの試運転とヘッドマークの噂を聞いてからというもの、撮影に行こうとは思っていたのですが、なんと寝坊。結局渋川でバカ停をするところでやっと10分先行できるというギリギリの撮影となってしまいました。よって撮影するところも渋川から先で、駅から近いところということで往路は岩本へ。

岩本の撮影地に向かうとTOMO氏ちろ氏らと出会い、以後の撮影はご一緒させて頂きました。岩本での撮影は練習無しだったためか、ピンが若干後ピンなものの一応まずまずでしょうか。煙も良い感じでした。(撮影地:上越線津久田〜岩本間)
D51_006

往路撮影後は水上へ。転車台付近のD51をいくらか撮影。
D51_011

ヘッドマークはご覧の通り、往年のゆうづる風のもの。C61-20号機とひっそりと文字が入ってますが、JR東日本が復元を予定しているSLの銘板です。
D51_009

水上駅前のラーメン屋で腹ごしらえをした後、列車まで時間があるので再び転車台付近へD51を見に行くとなんと雪だるまが載ってました。乗務員さんの遊び心でしょうか。
D51_007

復路は露出の限界等もあり、両氏話あった結果上牧付近のアウトカーブへ。雲に日が隠れるか隠れないか際どい状態でしたが、バリ順でD51はやってきました。下り勾配にもかかわらず、サービスか大爆煙でした。(撮影地:上越線上牧〜水上間)
D51_008

最後は新前橋でバルブ。それほど撮影者は意外にも多くなく、綺麗に夜汽車を収めることができました。この日はなかなか充実した撮影となりました。(撮影地:上越線新前橋駅)
D51_010

※2009年12月23日撮影