10月19日は川越車両センターからの回送を撮った後は国分寺線を訪れました。丁度奇麗な夕日のもとに101系が撮れるのではないかと思ったからです。この日の国分寺線は競輪ダイヤで運用が読みにくく、日が弱まらないうちに101系がさっさと来ないかやきもきしながら撮影していました。撮影地は全て国分寺線の小川〜鷹の台間です。

夕日を浴びて走る101系。この日は295F+249Fが国分寺線内の運用を担当。これ以上ない光線と言ってよいでしょう。
295F+249F_002

駄作ながら柿とからめて。
295F+249F_003

日が暮れてきたので流し撮りに切り替え。
295F+249F_004

最後は夕闇流し。これにて限界と感じ撮影終了としました。設定は1/30 F2.8 ISO800です。
295F+249F_005

※2009年10月19日撮影