相変わらずPCは故障中ですが、ネタものは鮮度が下がってもよくありませんので、画像はリサイズのみだったりしますが、とりあえず更新致します。

10月15日、玉川上水で副都心線対応改造を受けていた西武6000系6111Fが改造を終えて出場し、試運転を兼ねて小手指まで回送されました。経路は玉川上水〜拝島間を往復し一旦入庫、玉川上水〜小平〜上石神井〜所沢〜小手指でした。全区間試運転表示だった模様です。

6111Fが出場したことで、池袋線の未改造の編成は、6112F・6113F、6151F・6152Fの4編成となりました。6111Fが出場したからには、近々次の編成が入場すると思われますので、未改造の編成は益々少なくなっていくことでしょう。

前方の列車に詰まっていたためシャッター速度を落として、LEDを写して撮ることができました。ただ若干アンダーになってしまいました。左の信号は切って取るのが怖くて中途半端に写して撮影。(撮影地:西武新宿線西武柳沢〜田無間)
DSC_5113

折り返しを花小金井S字カーブの手前で。ここでも前がつかえており、ノロノロとやってきました。少し余白がカツすぎました。(撮影地:花小金井〜小平間
DSC_5137

※2009年10月15日撮影