長らくお付き合い頂いた青森・北海道遠征記も今回が最後の記事となります。最後は気動車特急についてです。北海道は非電化路線が多いことから、主要路線の特急列車は気動車が多くなっています。その気動車もキハ183系といった国鉄時代から継承された車両が置き換わりつつあり、まさに過渡期といった様相です。

スーパーとかちやスーパー宗谷に使用されるキハ261系。(撮影地:千歳線新札幌駅 2009.8.27)
kiha261_001








現在の札幌〜函館間の主役といってもよいキハ281系。気動車特急の写真はこの写真ぐらいしか日の当たっている写真が撮れず。(撮影地:室蘭線北舟岡〜稀府間 2009.8.24)
kiha281_001








キハ283系。こちらはスーパーおおぞらに充当されたシーン。(撮影地:千歳線苗穂〜白石間 2009.8.28)
kiha283_001








一方淘汰が進むキハ183系。前面が非貫通なのが初期車。(撮影地:千歳線苗穂〜白石間 2009.8.27)
kiha183_002








貫通型なのが増備車です。年々キハ183系は運用範囲を狭めています。(撮影地:千歳線苗穂〜白石間 2009.8.27)
kiha183_001








※2009年8月24日、27日、28日撮影