6月22日(月)、所沢→新秋津→越谷タ→馬橋→流山の間で元西武新101形の流鉄譲渡車の甲種輸送が行われました。

記事作成上の都合で、とりあえずまずは西武線内の記事です。

20日終電後に方転回送が実施され、E31+E34+譲渡車2両は一日以上所沢で留置されました。方転時に小手指からは重連となったようです。朝の池袋線の人身事故でホームが殺伐としていたので、ホームから撮影する気になれず駅の跨線橋から一枚撮って、沿線へ出ました。
E34+E31+101N_001








人身事故でダイヤは滅茶苦茶でしたので、被るか予想が付かない状態でした。なので、最悪裏被りで済む所沢陸橋の上から撮影することにしました。甲種輸送自体には人身事故の影響もなかったようで、9時半前に通過して行きました。(撮影地:西武池袋線新秋津〜所沢間)
E34+E31+101N_002








急いで新秋津へ。この日の甲種は三色更新機のEF65-1057号機でした。この時点で甲種の発車までそう時間がなかったので、これだけ撮って武蔵野線沿線へ。この続きは次の記事で。
EF65_066








※2009年6月22日撮影

トラックバックを送信しています
西武鉄道情報館さん
TOMOの鉄日誌さん
Fujickeyの鉄道観察ルポさん