6月15日より相鉄の新型通勤車両の11000系が営業運転を開始しました。同車両はJR東日本のE233系をベースにした通勤車両です。かなりE233系と似ており、車内の雰囲気やLED表示器などは特に似ている車両です。第1編成が甲種輸送がされたのが昨年10月で、営業運転開始までに8ヶ月程度の歳月がかかりました。色々トラブルがあったようで、まさに念願の営業運転開始といったところでしょうか。営業運転開始を記念して今月21日までステッカーが取り付けられております。なお、ステッカーは前後でデザインが異なります。

営業運転の初日となった15日には11001Fが登場。(撮影地:相鉄本線:上星川〜西谷間)
soutetu11000_001








本当は駅の外で撮りたかったのですが、時間がなく駅先で。暗くてお話になりませんでした。(撮影地:相鉄本線:鶴ヶ峰駅)
soutetu11000_002








LED。
LED_006








※2009年6月15日撮影