3月20日(金・祝)から9月26日(土)まで川越が舞台となったNHKの連続テレビ小説「つばさ」のラッピングトレインが運転されます。ラッピングされた編成は西武10000系NRAの10111Fです。運転初日となった20日には臨時列車として運転され、西武新宿駅で出発式、本川越駅記念イベントが行われました。

ラッピングされた10111Fの運転台には花束がありました。出発式で使われたのでしょうか。新所沢では1番ホームに入線ししばらく停車。
10111F_006








新所沢駅の電光掲示板。1番ホームに臨時表示。てっきり通過するのかと思っていたので、意外でした。定期列車の合間を縫うように運転されたが原因かと思われます。
denkouban_010








南入曽への返却回送。あわや被るところでしたが、ギリギリ回避してくれました。脇田信号所付近の単線区間は臨時列車が設定されると、かなりタイトになることから、この回送もノロノロ運転でした。
10111F_007









ラッピングの側面その1
10111F_008








ラッピングの側面その2
10111F_009








※2009年3月20日撮影

9月までのかなり長期間のラッピングとなることから、池袋線への貸出があるのかがまた注目されるのではないかと思います。直近の芝桜臨や球場臨などへの応援があるか見逃せないところです。

西武公式(PDF)
連続テレビ小説「つばさ」ラッピングトレインを運転