12月15日、西武新2000系2093Fの東急車輌へ入場するため所沢〜新秋津〜逗子間で甲種輸送が行われました。新秋津までの西武線内はE34+E31が牽引。新秋津〜新鶴見間はEF65-1066号機が牽引しました。またまた新宿線所属車の東急車輌入場となりました。2093Fは10月下旬にフルカラーLED化された編成です。そのためフルカラーLED化された状態で更新を受けてない状態の姿は2ヶ月弱で見納めとなりました。

凍てつくような寒さの中三線区間をゆく甲種。両数の位置を見誤り撃沈。しかも裏被り。日が回るのはいいのですが、この時期だとやはり影はきついです。2093Fの屋根が白いですが、これは霜です。(撮影地:西武池袋線新秋津〜所沢間)
E34+E31_025






新秋津に到着した甲種。ここから三色更新赤プレのEF65-1066にバトンタッチ。
EF65_053





新秋津を発車する甲種輸送。一旦新座タまで行き、そこから折り返して新鶴見方面へ行きました。影が酷いですが、一応記録です。(撮影地:武蔵野線新秋津駅・9673レ)
EF65_051





後ろ姿。
EF65_052






ここからはE34+E31の返却重単回送です。新秋津〜飯能〜横瀬と一気に山登りという経路でした。晴れていましたが、山線区間は昼間でも結構寒くて体に堪えました。

快晴の入間川。(撮影地:西武池袋線仏子〜入間市間)
E34+E31_026








吾野手前の赤い橋。(撮影地:西武池袋線東吾野〜吾野間)
E34+E31_027





引いてもう1枚。切り位置ミス…(撮影地:西武池袋線東吾野〜吾野間)
E34+E31_028





最後に横瀬のベルコンベアー前。(撮影地:西武秩父線芦ヶ久保〜横瀬間)
E34+E31_029





※2008年12月15日撮影

前日の南入曽→小手指→所沢の輸送はこちら

トラックバックを送信してます
TOMOの鉄日誌さん
Fujickeyの鉄道観察ルポ さん
西武FAN!の撮影記さん