JR九州一般型車両の祖にあたる形式とも言える811系。ラッピング編成も数編成存在し、彩り豊かな車両です。鹿児島本線などで使用されて813系と併結されて運用されることも多々あります。20年弱前に設計された車両のため最新型車両に比べればどこか古くさい感じのする車両です。

813系との併結列車。朝夕は多数の列車が8両編成になるためこのような列車を沢山見ることができます。(撮影地:鹿児島本線吉塚駅)
811_005





811系4両編成を2つ繋げた8両編成。(撮影地:鹿児島本線千早間〜箱崎間)
811_006






スペースワールドのラッピング編成。前面が赤いため813系と見紛うラッピングです。(撮影地:鹿児島本線折尾〜水巻間)
811_001





ラッピング側面。
811_002






門司港レトロラッピング。他にも旧三井グリーンランドラッピングに使用された緑帯の編成などがあるようです。(撮影地:鹿児島本線東福間〜東郷間)
811_003





側面ラッピング。
811_004





※2008年8月26日〜28日撮影