10月最初の土曜日は雲が殆どなく、加えて過ごしやすい気温という絶好の撮影日和でした。特に目当てがあったわけではありませんが、椎名町付近の踏切で40分ほど撮影してみました。(撮影地:西武池袋線椎名町〜東長崎間)

撮影し始めて最初にやってきたのは西武6000系6152F。副都心線非対応の編成もかなり減少してきました。副都心線開業以降6000系の地下鉄運用が増加したため、西武池袋口で6000系が見られることが貴重になってます。(4214レ)
6152F_005





西武30000系38103F。この日は池袋〜保谷を往復する運用に充てられていたようです。流石に下回りも汚れてますし、新車らしさは消えた感じがします。(5622レ)
38103F_023





所沢付近で撮影することが多いと池袋線の101系が各停に使用されてシーンはなかなかお目にかかれません。これ以上ない光線状態で、スカート無しの101系が撮れたのは収穫でした。編成は西武新101系241F+243F。(5218レ)
241F+243F_001





連結器にカバーの付いている西武20000系20151F。池袋線ではすっかり20000系の影が薄くなってしまいました。(5444レ)
20151F_007





何故か撮影している最中にこの一回しか出会わなかった2000系。こんなこともあるもんですね。(5806レ)
2000N_053





※2008年10月4日撮影