広島地区の主力とも言える115系ですが、いろいろなバリエーションが存在します。とても一日で網羅できるものではありませんでしたが、撮影したものを紹介したいと思います。

115系C18編成。瀬戸内色。広島では最も一般的な塗装です。(撮影地:山陽本線五日市-新井口間)
115_010





115系C48編成。いわゆる"チクビーム"編成と言われているらしいです。ハイビームでシールドビームの形状がわかりませんが、この形状から来た名称のようです。鉄仮面になっている編成でもあります。(撮影地:山陽本線新井口-西広島間)
115_012





広島の115系は岡山まで足を伸ばします。115系C37編成。(撮影地:山陽本線庭瀬駅)
115_011





リニューアル車の115系L19編成。リニューアル車は基本的にはこの広島更新色と呼ばれる塗装のようです。この編成は40N施行。(撮影地:山陽本線広島〜横川間)
115_013





同じくリ体質改善が行われた車両ですが、こちらは30N。115系N08編成。(撮影地:山陽本線五日市-新井口間)
115_014





※2008年8月24日・25日撮影