9月13日〜30日までの間、高麗巾着田の曼珠沙華開花に合わせて高麗への特急の臨時停車や特急・普通共に臨時列車が運転され、飯能〜高麗間は大幅に列車が増発されています。内容は概ね例年通りで、特急は臨時停車、臨時運転、定期列車の延長運転の3種類。普通は飯能〜高麗間の区間列車の運転と定期列車の8両編成化といったところのようです。撮影地はいずれも西武池袋線東飯能〜高麗間です。

飯能〜高麗間で運転された区間列車。今年はなんと手書きで「高麗」の表示が。この日は西武301系唯一のスカート無し編成305Fが日中は往復していました。
305F_006





高麗行きの場合は"「各停」臨時"という不思議な方向幕になってました。
305F_007





8両編成に増結された4000系の定期列車。
4000_022





こちらは定期列車ながら101系で運転された列車。編成は新101系247F+241Fです。そのほか3000系3011Fが飯能〜西武秩父間で運用に就いてましたが、ろくな写真がないため割愛。
247F+241F_002





期間中は高麗に臨時停車する特急。
10000_022





※2008年9月13日撮影

西武公式
高麗駅に特急レッドアロー号を臨時停車(PDF形式)

トラックバックを送信します
西武人の鉄道記さん
きまぐれに西武でもさん
虹ブログさん
セイブネットさん