8月7日、尾久車両センターに所属していた24系寝台車9両が尾久→東大宮→長野総合車両センターの経路で廃車のために配給輸送されました。先月に引き続いて余剰の寝台車が廃車回送となりました。牽引機はEF64-39でした。今回の配給にはオハネだけでなく、オハネフも連結されていました。なお最後尾のオハネフの幕は抜き取られており、哀愁を感じるものでした。(撮影地:東北線大宮駅)

時間の都合上大宮でしか撮影することが不可能だったこともあって褒められた写真ではありません。見た目はブルートレインさながらの貫禄有る編成です。
EF64_042





一応後撃ち。
EF64_043





※2008年8月7日撮影