とうとう東長崎駅の待避線が完成し、ダイヤ改正後から本格的な使用が開始されます。それに伴ってダイヤ改正後江古田駅での待避は廃止されます。江古田駅は今後駅改良工事が行われ、二面二線の駅に生まれ変わります。後々は今の江古田駅の駅舎や現在の2面4線の構造そのものまでもが近い将来過去のものとなるでしょう。ダイヤ改正目前にですが江古田駅での待避を少しばかり観察してみました。

西武20000系20107Fと新幕に交換された西武新101系(303F?)
ekoda_001





前パン西武新2000系と西武3000系3003F。
ekoda_002





待避線からゆっくりと発車する3003F
ekoda_003








※2008年6月10日撮影

参考URL
江古田駅改築および駅周辺整備について (PDF)

トラックバックを送信してます
FujickeyのNゲージ部屋さん