5月3日から4日まで所用で銚子方面へ行って参りました。行き帰りは撮り鉄活動をかなりしてきたので、何回かこの遠征の記事をアップ致します。

総武本線の物井〜佐倉間はあたり一面が水田地帯となっており、物井側はあたり一体が撮影地となっています。俗にモノサクと称される撮影地で数時間撮影してみました。枚数が多いので今回は一般車のみです。(撮影地:総武本線物井〜佐倉間)

113系の8両編成。まだまだ千葉以東では元気な113系スカ色です。有名な亀崎踏切から。
113_003





濃霧の中をゆく113系。この日は生憎の天気で尚かつ濃霧というコンディションでしたが、これはこれで絵になります。
113_004





最近勢力を伸ばしている211系房総色。総武本線・成田線運用は211系運用が多めとなってます。
211_009





211系の霜取りパンタグラフ装備車。霜取りパンタはシングルアームパンタとなっていています。後ろパンなので見にくいですがご勘弁を。
211_008





E217系15両編成のエアポート成田。ここは113系4両からこのE217系15両まで実に多彩な編成長の列車がやってきます。
E217_005





※2008年5月3日撮影

今回の撮影では新たに購入した単焦点レンズのAiAF Nikkor 50mm F1.4Dで撮影したもの混じっています。今回ような露出がない時では明るいレンズはとても助かります。単焦点レンズな分だけ不便ですが、画質は私の所持している安物ズームレンズより向上してます。単焦点レンズということで従来ズームに頼って構図を決めていたことが、よく分かったのでしばらく単焦点レンズで構図を足で決める練習を積極的にしたいところですね。

トラックバックを送信してます
武蔵野情報館さん