E233系1000番台が続々と増備される中、209系ウラ90編成の北長野へ向けて廃車配給輸送が11日に行われました。ウラ90編成は3編成は存在した試作編成の1つです。サハ1両が何かの試験?らしきものに使用されるために抜かれており、9両での廃車配給となりました。続々とE233系1000番台が落成しており、東大宮操にも多数の京浜東北線209系が疎開留置されているようなので、209系の廃車は急ピッチで進むことが予期されます。消えゆく京浜東北線209系をこれからも記憶し続けていきたいです。(撮影地:中央線立川駅)
EF64_018





※2008年1月11日撮影