14日に京浜東北線209系ウラ37編成が中央線経由で北長野まで配給輸送されました。どうやら事実上の廃車回送のようです。 EF64-1031+クモヤ145+209系10Bという変わった編成でした。なおクモヤはパンタを上げて走行していました。

E233系が投入されて209系の置き換え開始は時間の問題と思われましたが、とうとうこのときがやってきてしまったようです。私は日が浅いものの京浜東北線ユーザーなので、やはり馴染みあるものが消えてゆくのは寂しいものがあります。しかし京浜東北線209系の車内車外ともに(個体差はかなりありますが)かなり老朽化が進んでおり、置き換えも仕方ないのかなと思います。コスト半分寿命半分を謳った車両ですから、登場から十数年での廃車も予定されたことと言えばそれまでなのですが。

撮影地は新秋津駅。影が酷く中途半端は日が当たるよりは全部影に落とした方がバランスがいいと思い、そのように撮りましたがなんとも言えない写真になってしまいました。
EF64_013





後撃ち。
EF64_014






新秋津での撮影で納得が行かなかったので、八王子駅へ先回りしてみました。しかし八王子での撮影も微妙なものに。やはり駅撮りをするより、気合いを入れて沿線で頑張った方が良かったと後から後悔しました。
EF64_015





後撃ち。
EF64_016





※12月14日撮影