今回から運用観察などの小ネタまとめは「西武鉄道観察:○月○週」で統一します。週を跨ぐ場合もあるかと思いますが、その場合○週〜○週みたいにしたいと思います。編成は特に注記がなければ新宿・飯能側を前に書きます。

今回は9月12日から9月14日にかけての出来事。

9月12日
・新宿線池袋線快急3ドア運用は共に2+4+4
この日は新宿線池袋線共に10両3ドアの快急運用は2+4+4でした。
新宿線快急3ドア:295F+4+4。(1615レ)
池袋線快急3ドア:2+235F+237F。(1116レ)

9月13日
・池袋線の3ドア運用が変則的か
いつもは10両3ドアの快急(1109レ)は9000系VVVF改造車による運転でした。
4318レが新101系の10両編成でした。編成は確認してません。
また池袋留置線に留置されている編成が2+305Fの新101系10両でした。いつもは10両固定編成が留置されてました。

9月14日
・新宿線101系10両3ドアの定期運用はいつも通り
快急3ドア10両:311F+285F
朝夕3ドア10両:313F+283F
特筆することもない平凡な運用でした。

・池袋線3ドア10両は今日もイレギュラーか
4141レが271F+305Fの新101系10両でした。確信はありませんが、通常この運用3ドア10両ではないと思います。
最近池袋線の3ドア10両はイレギュラー運用が多いように思えますが、季節列車の快速西武秩父行きが運転されている影響かもしれません。