クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

2009年01月

西武38101Fの車両故障により一時的に中井中線に1

1月11日、西武30000系38101Fが高田馬場駅での車両故障により2時間程運転見合わせとなりました。38101Fはその後中井中線に留置されました。同日の終電後に3013Fの牽引により南入曽車両基地まで回送されたようです。1月14日現在38101Fは車両故障後運用に就いておらず、その後の動向が心配されます。なお14日は南入曽車両基地の庫外に留置されているのを確認しています。

中井中線に留置中の38101F。復帰が待ち望まれます。
38101F_052





38101Fと38102の並び。
38101F_053





※2008年1月11日撮影

キハ28+キハ40廃車配給輸送4

1月7日、小牛田運輸区のキハ40-572・キハ28-2318・キハ28-2380の計3両が廃車のため小牛田から郡山まで配給輸送されました。牽引機はED75-757号機でした。今日は唐突にも福島あたりまで遠征して、このキハの廃車配給を撮ってきました。

夕日に照らされるキハ。(撮影地:東北本線五百川〜本宮間)
ED75_001





反射板の付いた後ろ姿。(撮影地:東北本線松川駅)
ED75_002





仕事を終えた後のED75-757(撮影地:東北本線郡山駅)
ED75_003





※2009年1月7日撮影

ムーンライト九州と高知・松山4

大阪環状線でバルブの練習をした後は本番のムーンライトシリーズの撮影をしました。ムーンライト九州とムーンライト高知・松山を撮影しました。この二本は今や多客期でも短期間しか運転していません。(撮影地:東海道線大阪駅)

ムーンライト九州。EF66-53号機+14系リゾートシュプール色8B。
EF66_025





ムーンライト高知・松山。EF65-1132号機+14系2B+12系3B+14系1B。12系と14系の混結。停車位置の関係で棒がカマに串刺しでした…
EF65_055





※2008年1月1日撮影

大阪環状線バルブ3

12月中頃に小さい三脚の方を壊してしまったので、小さな三脚を現地調達しました。その三脚の試運転がてら大阪環状線を大阪駅でバルブ。本数も多いですし、適度な練習になりました。(撮影地:大阪環状線大阪駅)

これだけズームレンズで撮影。221系の大和路快速。
221_002





残りは単焦点レンズでの撮影。光芒がでるレンズ(角形絞りのレンズ)の方がやっぱり撮っていて楽しいですね。関西にくればまだまま201系を嫌というほど見ることができます。
201_006





223系の紀州路・関空快速。環状線は車種も豊富なので意外と撮り甲斐があります。
223_002





運良く201系と183系の北近畿が並んだ姿。
201_007





※2008年1月1日撮影

京阪の正月ダイヤを撮る3

1月1日と2日だけに大阪に遠征をしてきました。所用のついでのため鉄活動した時間はさほど多くないのですが、数日間遠征記を更新したいと思います。まずは京阪の正月ダイヤの撮影からです。京阪では沿線に有名な寺社仏閣が多いため正月には特別ダイヤで運転されています。

まずは土居駅で撮影。雨が降ったりやんだりの良いコンディションとは言えない状態でしたが、時々晴れ間が広がってました。

京阪6000系旧塗装。
keihan6000_001





こちらは新塗装。
keihan6000_002






日が暮れてきたところで寝屋川市駅へ移動して日没まで撮影。新塗装と旧塗装が混在しているので長時間と撮っていても飽きがきにくいですね。

京阪3000系の急行。
keihan3000_001





京阪2200系。
keihan2200_001





京阪8000系の特急。旧塗装です。
keihan8000_001





一本だけ存在する京阪8000系30番台。
keihan8000_002





日も暮れ前照灯が点灯。前パンもいいですね。
keihan6000_003





※2008年1月1日撮影

謹賀新年3

新年あけましておめでとうございます。今年も引き続いて当ブログをよろしくお願いします。

今は横瀬へ旅だってしまった305F最終盤の姿から適当に作ってみました。
謹賀新年のコピー
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント