クロフネ航海手帳

鉄道写真ブログ

2007年10月

シナオクゆとりを撮影4

28・29日の連休に東北線方面で団臨として運転されたEF64-36号機+ゆとりが30日に品川〜東大宮操〜尾久の経路で回送されました。所謂俗に言われるシナオクというものです。折角撮れるチャンスであったので追いかけてみました。

最初の撮影地は山手貨物線:池袋〜新宿間(山手線:池袋〜目白間)です。後ろが苦しい構図になってますが、次のコマには山手線が被ってしまったためです。山手線が被る危険があるところはとても被りやすいので、こういうことが起こるのは致し方無い面もありますね。この場所背後には池袋線が走ってる歩道橋です。(回8541レ)
EF64_007





東大宮で折り返してきたとろをもう一回撮影。二番目の撮影地は東北線:浦和〜さいたま新都心間(京浜東北線:浦和〜北浦和間)です。曇ってしまったのがちょっと残念でした。(回8542レ)
EF64_008







トラックバックを送信してます
TOMOの鉄日誌さん(29日の走行を撮影なさってます)

07/10/29西武225Fの勇姿4

またまた小平に顔を出した西武旧101系225Fを撮ってきました。帰宅途中だったので、三脚を持っていなかったので今日はバルブではありません。まだまだ懲りずに追いかけるつもりですが、今度こそ昼間の走行をもう一度撮りたいです。
6098レ、これが終わると今日の営業運転は終了。
225F_027





折り返しの回送の後撃ち。
225F_028

富士はやぶさを撮影in川崎〜横浜3

夜勤やらなにやらで日曜の朝から家に帰ることができず、225Fの追いかけはおろか撮影自体ろくにできてませんが、とりあえず今朝撮った富士はやぶさを外出先からアップしときます。毎日走ってる列車だというのに、カメラを構えていたら後ろからの同業者の方がやってきてビックリ。やはり人気がある列車のようですね。今朝はEF66-50牽引でした。撮影地は東海道線:川崎〜横浜間(京浜東北線:川崎〜鶴見間)
EF66_001

07/10/26西武225Fの勇姿5

某巨大掲示板を見ていると夜の運用からいきなり西武旧101系225Fが運用に入ったということだったので、先日と同じバルブ撮影を懲りずに試みることにしました。

小平止まり表示をバルブ撮影。なんだかんだで小平に来る運用が好きです。本線系統に顔を出す数少ないチャンスですし、上手く言い表せませんが小平というジャンクションに現れるのはこの運用の醍醐味です。このシーンの写真がやっぱり好きです。
225F_025






最後の玉川上水基地への回送は前と同じでは芸もないので、敢えて後ろから。背景も沢山入れて、何気ない小平駅の景色を。こんな光景も後何度見られるのでしょうか。
225F_026







今度西武225Fが動くのは何時になるでしょうか。しばらくこの編成の動向には目が離せません。

トラックバックを送信してます
TOMOの鉄日誌さん

07/10/24西武225Fの勇姿(午後の部)4

西武旧101系225Fの撮影の続きで午後の部です。

まずは日没間際の玉川上水から出庫回送。露出がなくてもうこれが限界でした。折り返しの西武遊園地行きは流石に無理でした。(撮影地:西武拝島線小平〜萩山)
225F_021





20時後半以降小平までやってくる運用に就くのでそこを狙いました。
小平駅でのバルブ。多摩湖線ワンマン車の小平行きは平日の名物です。
225F_022





萩山駅でのバルブ。小平駅よりはかなり暗かった駅でした。
225F_023





最後に玉川上水への入庫回送を無理矢理バルブ。
225F_024






お会いした方お疲れ様でした。
去就の注目される西武旧101系225Fですが、今後運用がどうなっていくのか注目です。ワンマン車とはいえワンマンサボ無しで走る姿は多摩湖線の運転形態から来る独特のものですし、225Fには多摩川線の旧101系には無い魅力が沢山あります。まだまだ活躍する225Fの姿が見られることを願って止みません。

07/10/24西武225Fの勇姿(午前の部)4

西武旧101系225Fの一橋学園折り返し運用を撮りたかったので頑張って朝から出撃。西武多摩湖線の一橋学園〜国分寺間を歩きながら、適当に撮影しました。10月とあって朝は影がカツかったです。

一橋学園から国分寺寄りへ向かって2つ目の踏切から撮影スタート。流石に住宅街の狭間とあってほとんど影に覆われていました。時期が時期なので仕方ありませんね。
225F_018





本町信号所を過ぎたところの歩道橋で撮影。
225F_019





同じ歩道橋の上から折り返しも撮影。今度はある程度上手く影は処理できたかな。
225F_017













この後萩山から玉川上水への回送を狙いに小川駅近辺へ。小川ではホームの無いところに一旦停車して発車して行きました。ここではバリ順で撮れ大満足。
225F_020







処遇の注目される225Fだけに沿線ではちらほらと同業者の方とお会いしました。ご一緒された皆様ありがとうございました。

関連記事
07/10/24の西武225F勇姿午後の部

トラックバックを送信してます
TOMOの鉄日誌さん

多摩湖線西武旧101系225F久々の運用5

今月に入ってから全く運用に就いている気配のなかった多摩湖線の西武旧101系225Fですが、今日(22日)に久々に運用に就きました。昨日(21日)の段階では玉川上水基地の倉の前付近に留置されていましたが、今日は出庫して運用に就きました。カラッとした秋晴れだったので、時間の許す限り225Fを追いかけました。いずれも撮影地は萩山〜青梅街道間。

最初に撮影したのは萩山を出発して単線になる付近の踏切。(6460レ)
225F_014





最初に撮影したところから更に青梅街道方面へ行った踏切付近で撮影。(6464レ)
225F_015





帰り際に萩山駅で撮影。(6463レ)
225F_016






トラックバックを送信してます
TOMOの鉄日誌さん

のんびり貨物巡り4

10月17日はイレギュラーな休日だったので、適当に貨物の撮影巡りをしてきました。かなり行き当たりばったりです。

武蔵野線北朝霞駅で降りて西浦和駅方面へ適当に歩いている間に歩道橋を発見。網の隙間から無理矢理撮影。EF64-1044+ホキ+タキ。ホキは石炭満載。
EF65_005






更に歩いて新河岸川の河川敷でのんびりと撮影。駅からかなり歩きました。
EF65-1096牽引配給列車
EF65_007






EF64-35+チキ。珍しく満足した写真。
EF64_006






東十条付近へ移動し、定番撮影地で日没まで粘りました。これにて終了。
EF65-1102+ホキ8B。
EF65_006

西武6000系にプリキュアHM掲出3

西武6000系にYES!プリキュア5のHMが掲出されていました。池袋線は6117F、新宿線は6102Fが該当編成です。HMを見る限り西武線秋の親子フリーきっぷなるものの宣伝HMのようですが、少なくとも西武の公式サイトにはそのような告知はありません。しばらくしたら告知されるのでしょうか。
西武鉄道公式によれば「アニメの活用による社会貢献活動」(PDF)に取り組むようですが、このHMもその一環なのでしょうか。プリキュアと言えば何年か前に20000系使ったイベント列車がありましたね。
写真は池袋線の6117Fです。どうもD80の測光の癖が掴めなくまた失敗したので、色々弄ってた写真なので後日差し替えるかもしれません。後から考えればブランケットすれば良かったのかも…(4338レ)なお新宿線の6102Fは2694レでHM掲出を確認済みです。
6117F_005HM_007





※10月19日撮影

新2000系とプリキュアHM並びの写真(撮影地:西武池袋線秋津〜所沢)
6117F_006





※10月22日撮影

新宿線は6102Fに掲出。11月1日にはHMが外されていました。下の写真は上石神井〜武蔵関間で撮影。
6102F_010





※10月31日撮影

トラックバックを送信してます
でんしゃ観察レポートさん
西武人の鉄道記さん
セイブネットさん
ミドリのトウさん
TOMOの鉄日誌さん

西武2515F出場回送3

9月末頃に武蔵丘に入場した新宿線所属の西武新2000系4連の2515Fが武蔵丘から出場しました。スカートや下回りが再塗装され、パンタグラフもピカピカでしたので間違いかと思います。E31の武蔵丘への回送を待っている間に偶然撮影しました。中はどうなっているかわかりませんでしたが、2505Fなどのような簡易的なバリアフリー改造が行われたのではないかと思います。撮影地は入間市駅。
一見普通の新2000系の幕車にしか見えませんが、綺麗な姿です。
2515F_002





池袋線では通常見ることのできない新2000系の4連。
2515F_003





ぶれてますが、車番確認用に一応載せておきます。
2515F_004
アクセスカウンター
お知らせ
リンク集整理しました。リンク切れサイトの削除、長期更新停止サイトは下へ移動。(更新再開しましたら、元に戻します)、加えて、個人的な巡回サイトを適宜リンクを追加させて頂きました。

サイト案内

ご一読下さい


当ブログのコンテンツは特記してある場合の除き管理人に属します。無断転載等はご遠慮下さい。
バナー
ブログ内検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント